Short Story

ショートストーリー|「海日和」

「海日和」

「海に行かないか?」
俺は友達に誘われた。
どうやらそこは人気スポットで、仲間が沢山集まるらしい。
それならバーベキューやライブがあるだろうし、可愛い女の子たちと仲良くなれる。
俺は一緒に行くことにした。

その場所は、広々とした草地でその先は断崖絶壁だ。
崖の下には初夏の日差しで、キラキラと光る海が続いている。
青い空に白い雲がいくつも浮かんで、風は心地よい。
海日和だ。

すでに大勢集まっている仲間達は、同じ方向に歩いて行くので、
俺もみんなについて行く。
イベントがあるのか?
先頭の奴が、海が見渡せる崖の淵まで行くと、突然、海に飛び込んだ。
え!こんな高い崖からダイビング? 自殺行為じゃん!
しかし、次から次へと仲間たちがダイビングし始める。
俺の番が近づいてくる。
みんな飛び込まなきゃいけないの?

その時、隣にいる友達がボソッと言った。
「俺たち、レミングなんだぜ。仲間が増えすぎたって聞いただろ、、、、」

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です