Contemporary Art

オラファー・エリアソンの経歴・作品・展覧会について。すべての分野の芸術研究。

デンマーク、アイスランドの現代美術家 オラファー・エリアソン Olafur Eliasson は、光、水、および気温などの元素材料を採用した大規模なインスタレーションで知られます。

彼のアートの目的は、さまざまな分野の専門家と協力して、既存の社会システムへの重要な介入を提案する作品を制作することです。ここでは、オラファー・エリアソンのプロフィール、学歴、経歴、展覧会を見ていきます。

sponsored link

オラファー・エリアソンのプロフィール 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Los, für Lesbos! Olafur’s artwork ‘360º compass’ (2009), a ‘navigational tool’, is being raffled off for an urgent cause. At the initiative of German actor Volker Bruch (best known for his role in ‘Babylon Berlin’), 24 visual artists, actors, and musicians have banded together in a special campaign, donating unique items to be raffled off to raise money to aid the rescue of refugees in the Mediterranean. All proceeds will be used to support organisations that are committed to the rights and dignity of refugees at the EU’s outer borders – 80% of the proceeds will go to the Foundation Fund for Civilian Sea Rescue, and 20% to Civilfleet. ‘Die Idee dass mann sich seine eigene Navigation suchen muss, um sich zurechtfinden zu können, ist finde ich auch eine Frage die Verantwortung. Traut mann sich eben seine Ziele zu setzten und dementsprechend auszuleben? (The idea that you have to find your own navigation to find your way around is also a question of responsibility. Do you dare to set your goals and live accordingly?)’ – Olafur From now until 21 August, everyone has the chance to win Olafur’s artwork ‘360º compass’ in a charity raffle, along with items donated by the many other artists. Every euro donated between now and noon on 21 August is equivalent to one raffle ticket, so the more you donate, the higher the chances you’ll win. For more info, visit: losfuerlesbos.com Los, für Lesbos! Come on, for Lesbos! #LosFuerLesbos #LeaveNoOneBehind

A post shared by Studio Olafur Eliasson (@studioolafureliasson) on

生年:1967年

出身地:デンマーク コペンハーゲン

学歴:王立デンマーク芸術アカデミー

主な賞歴:

  • 1999年 ヴェネツィア・ビエンナーレベネッセ賞
  • 2006年 皇太子カップルの文化賞
  • 2007年 ジョアンミロ賞
  • 2013年 ゴスラーカイゼルリンク賞
  • 2014年 ウルフ賞芸術部門受賞

オラファー・エリアソンの概要

  • スタイル:インスタレーション・アート、環境アート
  • 世界をより良い場所にするというオラファーの根本的な使命のもとに、鑑賞者にグローバルな環境保護の役割について考えるような制作をしています。これは現代の個人的な問題ではなく、未来社会への過度の懸念にも焦点を当てて、芸術家の歴史的役割の拡大も図っています。
  • 光、水、空気、環境などの自然現象との相互作用により、伝統的な芸術的媒体と見なされるものの境界が大幅に解消されるインスタレーションやプレゼンテーションを発表。
  • 芸術と科学の共通点を探求し、ブラックホールや銀河から貝殻やDNAのコイルまで発見された自然の形を思い起こさせるトロダイル型も特徴。

オラファー・エリアソンの作品

Ventilator pieces

オラファーの初期の作品で、天井から吊り下げられた大きな扇風機で構成されています。回転しながら前後左右にスイングします。

The weather project

ウェザープロジェクトは、2003年にロンドンのテートモダンに設置されました。

オラファーは加湿器を使用して、砂糖と水の混合物で空気中に微細な霧を作り、半円形のディスクは、黄色の光を放射する何百もの単色ランプで構成されていました。ホールの天井は巨大な鏡で覆われ、訪問者は太陽を象徴するオレンジ色の光の塊に対する小さな黒い影として自分自身を見ることができました。多くの訪問者が仰向けになって手と足を振ってこの展示会に反応し、「空に昇った自分の姿にナルシシズム的に酔いしれた」と表現されました。

Light installations

Olafur Eliasson presents immersive light installations in ParisContact at Fondation Louis Vuitton by Olafur Eliasson引用元:https://www.dezeen.com/2014/12/16/

光と影で訪問者を魅了することを目的とした一連のインスタレーション。空間の知覚と構築が表現されました。

Green River

Olafur Eliasson – Green River – OUTDOOR SCHOOL引用元:https://experimentalstudio.ca/outdoorschool/2015/09/24/

1998年、オラファーは、配管システムの漏れを追跡するために使用される粉末のウラニンが、川全体を病的な蛍光色の緑色に染める可能性があることを発見しました。オラファーは、1998年のベルリンビエンナーレ中にシュプレー川でテスト走行を行い、ミュージアムアイランド近くの橋からほんの一握りの粉を飛ばしました。彼はノルウェー、モス(1998)、ブレーメン(1998)、ロサンゼルス(1999)、ストックホルム(2000)、東京(2001)の河川に環境に安全な染料を導入し、ゲリラアートスタイルのインスタレーションを行いました。

The New York City Waterfalls

Master of Weather Envisions Waterfalls in New York - The New York ...引用元:https://www.nytimes.com/2008/06/02/arts/design/02wate.html

オラファーはパブリックアートファンドから委託され、ニューヨークハーバーに高さ30〜40mの高さのニューヨークシティウォーターフォールズと呼ばれる4つの人工滝を作成しました。インスタレーションは2008年6月26日から10月13日まで行われました。1550万ドルで、セントラルパークにクリストとジャンヌクロードがゲイツを設置して以来、最も高価なパブリックアートプロジェクトでした

Your rainbow panorama

この「虹のパノラマ」は、長さ150メートルの円形と幅3メートルの円形の廊下で構成されています。それは、52メートルの直径、3.5メートルのデンマークのオーフス美術館の屋上に取り付けられました。訪問者は廊下を歩き、街の全景を眺めることができ、夜は床のスポットライトによって内側から照らされます。

Glacial rock flower garden

Olafur Eliasson installs site-specific art at Versailles引用元:https://news.artnet.com/exhibitions/

2016年、オラファーはヴェルサイユ宮殿にインスタレーション作成を依頼されました。宮殿の敷地に3つの水関連プロジェクトを組み込むことにより、気候変動への社会の認識と動きにスポットライトをあてました。

最も独創的な作品はで、アポロの庭で金を模倣するために黄色の鋼で作られた建設用クレーンから巨大な水を落としました。氷河の岩粉ガーデンは、氷河侵食によって削り取られたグリーンランドから輸入された150トンの花崗岩で構成されていました。自然の喪失についての反省を呼び起こすために、春の女神であるペルセポネの像の周りに置かれました。他にもヴェルサイユ訪問者は庭園を散歩しながら、霧の集まりを体験しました。これは、白い霧の雲の空気のような放出で、不気味で落ち着かない感じを体験に与えています。

これらのパフォーマンスは、ベルサイユの遺産を同時に尊重すると同時に、自然界との人間の関係と、その使用に関する問題を鑑賞者に考察させる作品です。

オラファー・エリアソンの展覧会

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる | 展覧会 | 東京都現代 ...引用元:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/olafur-eliasson/

会期:2020年6月9日(火)- 9月27日(日)

会場:東京都現代美術館
   〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
   TEL:03-5245-4111
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/olafur-eliasson/

日本で10年ぶりの大規模な個展です。最初期の代表作、暗闇の中に虹が現れる「ビューティー」(1993年)から近年の作品までが展示されています。アトリウムの吹き抜け空間では、大規模なインスタレーションが本展のために制作されます。

オラファー・エリアソンの活動は美術作品の制作に限定されていませんので、現代美術ファンでなくても、チームラボを訪れたような興奮を味わえるでしょう。

sponsored link

Studio Olafur Eliasson

Olafur Eliasson Will Feed You Now - WSJ引用元:https://www.wsj.com/articles/olafur-eliasson-will-feed-you-now-1456941658

「スタジオ・オラファー・エリアソン」には、科学者、建築家、エンジニア、リサーチャー、料理人といった100名以上の人材が集まり、実験とリサーチを繰り返しています。私たちの日常に行う「料理」は、誰でも作れるレシピで料理本も出版しているのには驚きました。

また、外部の専門家とのコラボレーションによる「気候変動」や「エコロジー」といった社会問題に対して働きかけるプロジェクトにも積極的に活動しています。この幅広い活動範囲をみてえいると、芸術の域がどこまでなのか考えさせられることもあります。オラファーは芸術によって世界の問題を提起しているというより、私たちの人生そのものが芸術であると語っているようにも感じます。

オラファー・エリアソンのサイト

あわせて読みたい
宮廻正明【日本画】の経歴・作品・価格・展覧会。酷似作品が院展のポスター?日本画家で東京藝術大学名誉教授、日本美術院評議員の宮廻正明(みやさこ まさあき)氏。 端正な美しい作品が特徴ですが、第75回春の院展に...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です