Short Story

今夏|ショートストーリー

とかく昔の芸術家というものは、愛人をたくさん作りあきたら捨ててしまうという印象があります。ピカソなんかはその代表的な「偉大な芸術家、しかし男としては最低」といった人物でしょう。

「接吻」で有名なクリムトも、常時5〜6人のモデルと同居し、モデルのすべてが愛人であったと言われています。けれど、彼の絵を見てみると、女好きではあったのだけれど、ピカソとは違って女性への尊厳が感じられます。

クリムトは避暑にいくときも、最愛の恋人やモデルを連れてあるいたといわれています。そんなクリムトの「アッパーオーストリアの農家」からの想像のショートストーリーです。

sponsored link

「今夏」

引用元:https://arthive.com/gustavklimt/works/

村の外れにある古びた空き家に、幽霊がでると噂が立った。
村人がその家の前を通りかかると、小さな窓から、長い金髪の女性が覗いていると言う。
しかし別の村人は、巻き髪の赤毛だったと言うし、また違う村人は短い黒髪だったとも言う。
以前に見かけたことがある、ということだけが幽霊の共通点だった。

その家は名のある画家が所有し、夏の間だけ、アトリエとして十数年、使っていた。
画家は常にモデルと共に、その家を毎年訪れた。
モデルは年ごとに違った女性で、同じモデルを連れてくることは二度となかった。
どの女性もとても個性的で美しく、画家を心から愛していた。
しかし、昨年高齢だった画家は亡くなり、古びた家はひっそりと静まり返っている。

今夏、空き家の庭には、色とりどりの多種の花々が咲き乱れている。
それぞれの花は、妖艶な姿で咲き誇り、甘美な香りを漂わせている。

sponsored link

クリムトの映画

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

19世紀末から20世紀初頭のウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ没後100年を記念して作られたドキュメンタリー。意外なクリムトの事実も知ることができます。

あわせて読みたい
クリムトと愛人エミーリエ・フレーゲの関係は?|芸術家の恋人たちオーストリアの画家 グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年7月14日 - 1918年2月6日)は、官能的な女性像に生...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です