Short Story

砂浜|ショートストーリー

sponsored link

「砂浜」

私は朝の散歩が好きだ。
穏やかな波を眺めながらゆっくりと砂浜の上を歩く。
水色の空に薄い雲が浮かんで、また1日が始まるのが分かる。

清々しい気持ちであるけれど、愛犬のハリイが一緒に居ないのが痛い。
ハリイは去年死んでしまった。
どこへ行くにも一緒で、大事なパートナーだった。    
特に私たちは、この朝の散歩が大好きだった。

死んだ犬が帰ってくるはずはないと分かっていたが、
「彼が今、ここにいたら」と願わずにはいられない。

暖かい風が水平線の方から吹いてくる。今日も暑くなりそうだ。
何とはなく、後ろを振り向いてみる。
私の足跡に寄り添うハリイの足跡が、濡れた砂の上に見えたような気がしたが、打ち寄せる波に消されてしまった。

sponsored link

ペットロスの治療

臨床心理士などによる心理療法の分野では、喪失体験からの回復過程を援助するためのプログラム(グリーフセラピー)を行う心理療法家が存在する。グリーフセラピーを行う。加えて、グリーフケアを通して本人をサポートする。ペットロスの飼い主が実際に会って互いに悲しみや苦しみを吐き出して共有する、セルフヘルプミーティングが実施される場合もある。そこでは、ペットロスの体験を共有しながら話をすることで、共感し、自分一人ではないことに気づく。すると心がほぐれ、自分の体験を語ることができるようになる。このような流れで、苦しみを吐き出すことができるようになり、心の負担が軽減される。出典:ウキペディア

あわせて読みたい
シベリアンハスキーはとってもフレンドリー 面白おかしい動画を紹介!シベリアンハスキーと北国で、犬ぞりを引いているイメージがすぐ湧きますよね。でも顔は歌舞伎の面取りのようなだし、なんか人相悪い感じがします...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です