Short Story

「若様が好き」|ショートストーリー

平安時代というのは、恋愛面では雅な印象を受けますが、実生活と照らし合わせて考えると、かなりシュールであったように思われます。

sponsored link

「若様が好き」

「平安時代」の画像検索結果引用元:http://www.heianjidai.com/

ウフフ。
私、若様を待ってるの。
今夜はこの雅なお部屋で、控えるようにと御達しがあったのよ。
今は通い婚が一般的だけど、私の家は竪穴住居だし、
それじゃ、やっぱり、風情に欠けるもんね。
だから、お屋敷にあげてもらって、暫く奉公してたんだけど、
今夜はいよいよビッグチャンス!
妊娠したら、側室になれるかもしれないし、
女は美人に生まれただけで、人生の勝ち組ね。ホホホ。
あ、若様が御簾をあげて、入って来たわ。
そして、私に近づき、愛の口づけを…

うわっ! くっさー!
お香と体臭のまったりとしたブレンドが、耐えられない!
そういえば、貴族って、入浴も吉兆で決めて、年に1〜2回しか
入らないって聞いたわ。
もう、占いに依存しすぎの生活ね。
ああ、若様、それ以上近づかないで…

部屋の隅にサッと逃げて、顔を背けていると、
若様は、「愛い奴」といって、ギュっと私を抱きしめた…

sponsored link

平安時代の恋愛事情

あわせて読みたい
平安時代の恋愛事情 お風呂に入らなくて大丈夫?平安時代と言えば、すぐに思い出されるのが、「清少納言」と「紫式部」。古文の授業で読みましたね。「枕草子」は平安貴族の生活がよく分かるし、...

 

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です