アート

ソフィ・カル(現代美術)のwiki経歴、作品、現在の展覧会を紹介!

ソフィ・カル Sophie Calleは、現代のフランスのコンセプチュアルアーティストです。

個人的な関係や偶然の出来事について、写真と言葉を同時に表現している作品が多く見られます。

本記事では、ソフィ・カルのwiki経歴、作品、2019年展覧会を紹介します。

シュールでありながら起こり得る現実生活と、それに伴う感情の作品を見ていきましょう。

sponsored link

ソフィ・カルのwiki経歴

「sophie calle」の画像検索結果

生年月日:1953年10月9日 65歳

出生地、居住地:フランス、パリ

ソフィ・カルは、医者であり評論家、美術コレクターの父親のもとに、1953年生まれました。高校を卒業してから、大学には進学せず、中国、アメリカ、メキシコを7年間旅しました。美術学校での教育は受けていません。

始めは芸術家になる意志はありませんでしが、父親の写真コレクションや、アメリカ在住の時に芸術的な写真に触発され、1979年、26歳の時に、パリに戻り、アート活動を開始します。

見知らぬ人の行動や行動を観察することが、彼らのアイデンティティを作り出すのに役立つ情報を提供することを理解し、写真として記録します。「The Sleepers」「The Hotel」の作品では、完成品ではなくアイデアに重点が置かれています。ここで、カルは、コンセプチュアルアートとしてのルーツを見出していきます。

コンセプチュアル・アート (Conceptual art) は、1960年代から1970年代にかけて世界的に行われた前衛芸術運動。イデア・アート (Idea art) とも呼ばれる。日本では当時概念芸術観念芸術と訳されていた。1966年から1972年にかけてが最盛期。

出典:ウィキペディア

1983年に発表した「Address Book」は、世間の批判と論争を巻き起こした最初のプロジェクトです。

カルは路上で電話番号帳を見つけ、その手帳の中から何人かの人々を呼び出し、人々が彼について言ったことに基づいて、手帳の所有者を想像力豊かに作品にしました。

「sophie calle address book」の画像検索結果

しかし、その作品が出版されたとき、ドキュメンタリー作家であった手帳の所有者であるPierre Baudryは、プライバシー侵害でカルを告訴しました。

1986年の「The Blind」はカルの代表的な作品です(作品参考)。彼女は盲目の人々との面接を行い、彼らに美しさの意味を共有するように問いかけ、肖像写真を発表しました。

1996年には、ロマンスではなく、あまり知らないカップルが最後はラスベガスで結婚式を挙げて終わるという映画「セックスをしない最後の夜」を公開。

「sophie calle No sex last night」の画像検索結果

のちに、この映画の共同制作者である作家、映画監督のポール・オースターの依頼で、ニューヨークの公共施設の増設に協力しています。

2000年に入ると、カルは日本で3ヶ月を過ごし、その後、モスクワからシベリア、そして北京、そして香港へと旅をします。また、エッフェル塔の最上階に設置された部屋で過ごした作品を残しています。

2011年ルイジアナ州立美術館で「True Story」歴史的人物に短編小説を入れた作品を発表し。2017年には、「ハッセルブラッド国際写真賞」を受賞しています。

ソフィ・カルの作品

À Suivre(尾行)(1978)

「À Suivre sophie calle」の画像検索結果パーティで知り合った男性をパリからヴェニスまで、2週間の間尾行した記録です。

Les Dormeurs(眠る人々)(1979)

f:id:az13:20170205011237j:plain

自分の部屋に、友人、知り合い、また見知らぬ人を招き自分のベッドに寝むらせ、食事を与え、1時間ごとに撮影しました。

The Blind (盲目の人々)(1986)

カルは、1年間にわたって生まれつき目の見えない人たちとの対話を試みました。彼らに「これまでに見た一番美しいものは何か」という質問をぶつけ、インタビューに応じた人の肖像写真、言葉とともにそれをヴィジュアル化した写真を添えて展示したのです。 興味深いことに、彼らの答えの大半は、とても視覚的なものでした。「見ること」とは、私たちが考える以上に主観的なプロセスのようです。彼らが語った言葉は「見ることとは何か」「美とは何か」について思いがけないことを教えてくれるのです。 ところで、棚の上に置かれた写真(盲目の人々の言葉をヴィジュアル化したという写真)が、じつに不可能な試みであると気づくまでに時間は要しないでしょう。彼らが見たものを、いったいどうすれば見ることができるのでしょうか。ここでカルは、ファインダーを向けるだけでは捉えることのできないものが世界にあることを、そして自己と他者とのコミュニケーションの限界を、静かに浮かび上がらせています。出典:トヨタ博物館

take care of yourself   (2007)

「take care yourself sophie calle」の画像検索結果「take care yourself sophie calle」の画像検索結果

元恋人のE-メールを107人の女性に渡し、解釈をしてもらったもの。

sponsored link

2019年ソフィ・カルの展覧会は?

限局性激痛 原美術館コレクションより  原美術館

「ソフィ・カル 原美術館」の画像検索結果

作品は「人生最悪の日」までの出来事を最愛の人への手紙と写真とで綴った第1部と、その不幸話を他人に語り、代わりに相手の最も辛い経験を聞くことで、自身の心の傷を少しずつ癒していく第2部で構成。サイズから構成まで、本作はすべてが原美術館のためにつくられている。

会期:2019年1月5日〜3月28日
開館時間:11:00〜17:00(水〜20:00)
休館日:月(ただし2月11日は開館)、2月12日
料金:一般 1100円 / 高校・大学生 700円 / 小・中学生 500円 

ソフィ・カル なぜなら   ギャラリー小柳

銀座のギャラリー小柳では個展「なぜなら」が開催。本展では、国内初公開となる「Parce que」シリーズから新作9点が展示される。同シリーズは、額装された写真の全面に「Parce que(なぜなら)」から始まるテキストを刺繍した布が垂らされ、それをめくると写真が現れる構造となっている。写真を見る前に「なぜなら」を知らされることによって、イメージだけでは見えてこない独自の視点や心境を垣間見ることができる。

会期:2019年2月2日~3月5日
開館時間:11:00~19:00
休館日:日、月、祝
料金:無料

「Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre(私の母、私の猫、私の父、この順に)」  ペロタン東京

「ソフィ・カル ペロタン東京」の画像検索結果

本展では、シリーズ「Autobiographies(自伝)」より近年死去したソフィ・カルの母親、父親、猫にまつわる近作を展示。加えて、2014年に死去したカルの愛猫・スーリーをテーマにしたシリーズ「Souris Calle(スーリー・カル)」が日本で初めて公開される。

会期:2019年2月2日〜3月10日
開館時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝日
料金:無料

「Voir la Mer 海を見る – Shibuya Crossing」 渋谷スクランブル交差点

「ソフィ・カル 渋谷交差点」の画像検索結果

 《Voir La Mer (海をみる)》は、海に囲まれたイスタンブールに住みながら、一度も海を見たことのない人々が初めて海を見た瞬間をとらえたもの。今回の作品上映は2月3日〜9日の毎0時〜1時にかけて行われ、深夜の渋谷にカルの作品が流れる 出典:美術手帖

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です