アート

バンクシーの作品が日本にもあった?!場所と展覧会を紹介!

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家、バンクシー

社会風刺的グラフィックアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描いて言ってますね。

2018年10月には「赤い風船に手を伸ばす少女」がサザビーズオークションに出品さえ、1億5千万円で落札されると、額に仕掛けられたシュレダーが作動して、作品が細切れになった出来事が有名ですね。

さて、このバンクシーの作品が日本にも存在する噂を聞きましたので、調査してみたいと思います。

一体、どの場所にかかれているのでしょうか?

また日本でのバンクシーの展覧会は開かれる予定はあるのでしょうか?

sponsored link

最近のバンクシーの活動

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. . . . Season’s greetings . . .

A post shared by Banksy (@banksy) on

ゲリラアートは続いているようですね。

こちらは、「季節の挨拶」と言うタイトル。

この作品はウェールズ西部の工業都市ポート・タルボットにある個人所有のガレージの壁面に描かれました。

一見すると空から舞い降りる粉雪を食べようと舌を出す、幼い子供の微笑ましい姿のように見えますが、別の壁面には燃えさかる炎が描かれ、子供の口に吸い込まれそうになっている白い粉は雪ではなく灰だとわかる、というバンクシーらしいブラックユーモアを含んだ作品。

バンクシーの作品は世界に浸透していて、こうして描かれた壁にに強化ガラスをつけて保存する場所も見られます。

昨今のグラフィティ・アートとは違った意味あいをもつバンクシーの作品は、描いてくれるのを待ち望んでる人々もいますが、苦情が出て、消してしまうこともあります。

他人の所有物に許可なしに描いてしまうのですから、犯罪ですよね。しかし、ほとんどの人たちは、このバンクシーの犯罪に好意的です。理由は美術的な勝ちというよりも商業的な価値が高いからで、公共の壁に描かれた場合など、勝手に切り取って売りに出してしまうこともしばしば。また、そのままにしておけば、観光地として、観光客が集まりその町が潤うからです。

そんな貴重なバンクシーの絵は日本にあるのでしょうか?

sponsored link

バンクシーの絵が描かれた日本の場所は?

f:id:fantasydub:20171129021258p:plain

東京の豊洲あたりに出現した絵ですが、マッシヴアタックが公園に来ていてバンクシーも来るのではないかと噂されていました。

これはバンクシー風のトランプと金正恩の画ですが、バンクシーはズバリの人物を描くことはなく、バンクシーではないでしょう。また、この絵の意味するところを、日本の壁に描くのは、アメリカと中国の関係によって、日本の状況がどのように変わるかを心配する日本人であって、外国人のバンクシーの意図するところではないと思います。また世界的な影響を憂いているのであれば、日本の壁ではなく、もっと適した国があるはずです。

「バンクシー 日本」の画像検索結果

こちらは、281_Anti Nukeの作品。

衝撃的な作品を作る彼はバンクシーと同様、本名、年齢が明かされておらず、今、日本版バンクシーといわれるほど世界のメディアやネットで注目されています。

「anti-nuke Los angeles」の画像検索結果

渋谷を中心として活動しているのですが、ロサンゼルスにも進出しています。

281_AntiNuke」の「グラフィティ」は、3.11の震災によって発生した「環境汚染」と、汚染に対する政府の対応が日本の社会に巻き起こした激しい恐怖や不安、怒りと混乱の表象

日の出駅の近くの防潮扉

「バンクシー 日本」の画像検索結果

絵は縦1メートル、横50センチほどのスペースで見つかり、傘を差したネズミが空を見上げるようなポーズを取っている。都によると、防潮扉に絵が描かれていることは、約10年前から職員が把握していたが、昨年12月末に都民から「バンクシーの作品に似ている」との情報提供があったという。今月16日に保存のため防潮扉を撤去し保存。SNS(会員制交流サイト)上などでバンクシー本人による“犯行声明”は確認されていない。  出典:サンスポ

真偽の程は、現在定かではないので、鑑定中だとか。

大きさ、作風はバンクシーのものと似ていますが、10年前からあって、バンクシーが犯行声明を出していないのなら、本物ではない可能性がありますね。

このネズミが傘を指している絵は、放射能汚染を風刺しているのでしょうか?

バンクシーの展覧会は?

日本で近々バンクシーの展覧会が開かれる予定はありません。

しかし、あの切り刻まれた『愛はごみ箱の中に(Love is in the Bin)』は、ドイツのフリーダー・ブルダ美術館で、2019年2月から1ヶ月間展示されます。

「フリーダー・ブルダ美術館」の画像検索結果

作品の鑑賞環境は、バンクシーの信念に従って「できるだけ多くの来場者が鑑賞できるよう」設計され、この作品については、鑑賞料は無料となるそうです。「愛はごみ箱の中に(Love is in the Bin」の画像検索結果

ここの美術館はドイツ北西部の温泉町ですから、是非言ってバンクシーを鑑賞した後、のんびりと温泉に入りたいものです。

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です