Sculpture

青木野枝の経歴・作品・展覧会を紹介。鉄の生命と自然との融合。

軽やかで繊細な鉄の彫刻で知られる現代美術家の青木野枝(あおき のえ)さん。

重厚なイメージのある鉄という素材から、自然と対話する優美なフォルム、穏やかな異世界が魅力的です。

彫刻家であり版画家である青木野枝さんのプロフィール、経歴、学歴、賞歴、そして作品や展覧会を紹介します。

sponsored link

青木野枝のプロフィール 経歴・学歴・賞歴

「青木野枝」の画像検索結果"引用元:https://oku-noto.jp/

生年:1958年

出身地:東京都練馬区

学歴:武蔵野美術大学大学院修了

多摩美術大学客員教授

青木さんは子供の頃から芸術家になろうとは思っておらず、勉強が嫌だったので芸術高校に入り、絵が上手くなかったので、ムサビの彫刻科を選んだそうです。

彫刻に強い興味を持ち始めたのは30歳を過ぎてからで、以前から惹かれていた鉄の素材を使用することになります。通常、鉄は工業材料とされていますが、それを自分で切り加工することで芸術として生まれ変わる感覚が生まれてくるようです。

青木さんは、始めから綿密な彫刻の構成などは考えず、溶断していくうちにイメージが固まるという制作過程で作品を仕上げていくスタイルをとっています。また展示場でパーツを組み立てているときも、他のアイディアが出た場合は、パーツを追加し、最初のスケッチにはない形になる作品もしばしばです。

グループ展、個展を毎年のように開き、自分の作品を社会に開示することで、作品自体を観賞者の目に触れさせろことが、アートも進歩につながるという理念をお持ちのようです。

主な受賞歴

  • 1997年 第9回倫雅美術奨励賞
  • 2000年 第50回芸術選奨文部大臣新人賞
  • 2003年 第33回中原悌二郎賞優秀賞、第20回記念 現代日本彫刻展下関市立美術館賞
  • 2009年 第19回 公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術
  • 2014年 第55回毎日芸術賞
  • 2017年 第40回中原悌二郎賞

青木野枝の作品

「noe aoki」の画像検索結果引用元:http://anomalytokyo.com/en/artist/noe-aoki/

「noe aoki」の画像検索結果引用元:https://www.pinterest.com/pin/

「noe aoki」の画像検索結果引用元:http://galleryhashimoto.jp/en/artists/aoki/

「noe aoki」の画像検索結果引用元:http://jptca.org/en/interview/

Noe Aoki - Echigo-Tsumari Art Field引用元:https://www.echigo-tsumari.jp/en/

Work by Noe Aoki on artnet引用元:http://www.artnet.com/artists/noe-aoki/

青木野枝の展覧会・個展

青木野枝展「微塵」

会期 2020年7月2日~7月26日
会場 gallery 21yo-j
住所 東京都世田谷区等々力6-24-11

本展では、青木さんの鉄による大作1点と小品、ドローイング、リトグラフがギャラリー空間に展示。

詳細は gallery 21yo-j のサイトを御覧ください。

sponsored link

「ふりそそぐもの 娯楽室」の考察

降りそそぐもの 娯楽室 2013 大原美術館  引用元:http://galleryhashimoto.jp/en/

70年代のビーズの暖簾を思い出させるようなこの作品は、天井へと視線を上げると宇宙船、もしくは異生物のようにも見えてきます。

広々とした古風で上品な娯楽室には、過去と未来が点在しているようです。この風が吹けば揺れ動きそうな「ふりそそぐもの」は、触れば驚くほど固く冷ややかなもので、「静」を感じさせるでしょう。

時と五感を自由自在に操ってしまう、夢のような「娯楽室」にすっぽりと包み込まれてしまいそうです。

参考:
http://jptca.org/en/interview/interview-with-alumni-art-award-winner-2/ https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/noeaoki_kiritotetsutoyamato.html http://www.maujin.com/2011/archive/aoki_noe/page2.html https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E9%87%8E%E6%9E%9D

あわせて読みたい
伊庭靖子【現代美術】経歴・作品・家族・展覧会について。見ることで味わう触感。現代美術家の伊庭靖子(いば やすこ)氏。 油絵、版画、陶芸、映像と幅広い分野で色彩、光、物質の関係を追及しています。 伊庭靖子氏のプ...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です