Creatures

人面鳥タンビカンザシフウチョウの動画!求愛ダンスが可愛すぎ!!

パプアニューギニアの熱帯雨林に生息するタンビカンザシフウチョウ

黒光りする体に長い冠羽をふりながら、羽を広げて求愛ダンスをするのですが、それがとても可愛いんです!

そしてその形は円盤のようで、お腹の模様はまるで人の顔に見えることがあります。

本記事では、タンビカンザシフウチョウの生態や、求愛ダンスの動画を紹介します。

sponsored link

タンビカンザシフウチョウ

「lawes parotia」の画像検索結果<引用元:https://www.pbs.org>

タンビカンザシフウチョウParotia lawesii)は,1884年に発見された、最大27センチのミドルサイズの鳥です。

Lawesiiという語源は、イギリスの宣教師 WG Lawes牧師にちなんでつけられたそうです。

スズメ目フウチョウ科に属し、パプアニューギニアの熱帯雨林に生息しています。

オスは、額に勃起性の銀色の毛があり、首周りに虹色、紫色、金緑色の羽毛を持つ、全体としてベルベットの黒い体です。

求愛の際、オスは小刻みな動きをし、胸毛が虹色に動くのではなく、色が急激に切り替わります。

メスは、頭部が暗い褐色で胸部、腹部は薄い茶色に濃い焦げ茶の横縞が入っています。

嘴は黒で、口の内側は灰色です。

主に果物、種、昆虫やトカゲを食べます。

タンビカンザシフウチョウの動画

実に面白い動きをして求愛をする動画を御覧ください。

形に羽を広げ胸元が光るところなどは、まるで円盤ですね。

地面に水平に羽を広げることができるので、スカートを履いているようにも見えます。

小刻みに頭を振って冠羽が揺れ続けるダンスパフォーマンスが、とても可愛いです。

こちらの動画では、ゆるキャラのような人の顔が見えます。

繁殖期や子育て

繁殖期は6月から1月で、一夫多妻です。

5m〜12mの木に、メスだけで巣を作り2〜3個の卵を生みます。

具体的な子育ては今の所不明です。

sponsored link

求愛ダンスをする鳥たち

求愛ダンスやメスの気を引くために歌を歌う鳥たちを、何羽が紹介します。

マイコドリ

中南米の熱帯地方に住む小型のマイコドリは、数羽で求愛ダンスをすることで、知られています。

クロアシアホウドリ

主に北太平洋に生息し、夏季はベーリング海やアラスカ湾周辺に渡り、冬季になるとハワイ諸島、マーシャル諸島などで繁殖します。

日本では、2017年には8ペアの産卵と3羽の孵化、ヒナ2羽の巣立ちにより世界最北の繁殖地となりました。

セイジライチョウ  (キジオライチョウ)

北アメリカに生息するセイジライチョウの繁殖期は、3月〜5月です。

集団求愛場をつくり求愛ダンスをするのが特徴です。

他にも一般的に知られている求愛ダンスをする鳥は、孔雀、ツル、フラミンゴがいますよね。

繁殖行為は本能とはいえ、実に美しく可愛らしいダンスをする鳥たちを、これからも見ていきたいと思います。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です