エンタメ

ドリュー・バリモアの若い頃は異常だった!荒んだ子供時代と母親との確執を調べてみた!

ハリウッドスター、ドリュー・バリモア

1975年2月22日生まれで、現在43歳。

日本では映画「50回目のファーストキス」で、超人気になりましたね。

ドリュー・バリモアは子供時代から、子役として活躍して、あの「E.T.」にも出演しています。

子供の頃からスターなんてさぞかしセレブ人生なのでは?と思いますが、実は彼女の若い頃は異常でした。

今回は、ドリュー・バリモアの若い頃、子供時代や母親を見ていましょう。

sponsored link

ドリュー・バリモアの生い立ち 鬼母の仕打ち

「ドリューバリモア 子供時代」の画像検索結果ドリュー・バリモアは、カルフォルニア州ロサンゼルス出身。父親はイングランドとアイルランドの血を引く俳優のジョン・ドリュー・バリモア母親ドイツ出身のマコー・イルディコー です。

このバリモア家というのは古くから続く名家でしたが、ドリューが生まれる前に、両親は離婚し、ドリューは母親に育てられます。

ドリュー・バリモアの子供時代

生後11ヶ月からコマーシャルメッセージ(CM)に出演しています。

赤ちゃんのときから、スター要素があったんですね。

4歳の時に『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』で映画デビューします。

「アルタードステーツ ドリュー・バリモア」の画像検索結果

そして、1982年に『E.T.』で主人公エリオットの妹役で出演、その愛らしさで一躍天才子役として注目されました。

「ドリューバリモア 子供時代」の画像検索結果

ドリューの母親はこの天才子役スターの娘をさぞかし可愛がったと思いますよね。

しかし、ドリューは、酷い扱いをされていました。

「母は6歳の私に“ちっちゃな80歳のお婆ちゃん”みたいな格好をさせていたわ」

ドリューの母ジェイドは頻繁に街に出て、ドリューを愛らしい6歳の女の子には、似つかわしくない服を着せ、連れ回していたといっています。

また、大人たちのパーティの中に混じり、一人だけレオタード姿の幼いドリューが写っている写真もあります。

有名な娘に変な格好をさせて、自分の虚栄心を満たしたかったのですね。娘は自分の道具の一つに過ぎなかったのでしょう。

またドリューは、

「家の中で撮影した写真が全然ないの。いつも外出させられてたから。母は私を家から追い出すのに、てこでも使わなきゃいけないぐらいなんだから!」

とも語っています。

スターの子供にパーティの会話の話題を攫われるのが嫌だったんですね。

そして家にいられないドリューは、幼いうちから夜遊びをするようになります。

昼間の学校では有名子役というレッテルからいじめにあい、学校に満足に通うことができなくなってしまいました。

そのため、勉強についていけない落ちこぼれとなってしまいました。その結果、学校に寄りつかなくなった彼女は、人としてのマナーや常識を知らずに育っていくのです。

14歳の時に自殺未遂

ドリューは、夜遊びを覚えてから、9歳から飲酒や喫煙を始めます。

学校にもいけなくなって、昼間ブラブラしている不良と付き合う様になるんですね。

10歳でマリファナを吸い始め、12歳の時にはコカインを使用するようになり、治療は必要になるまでになってしまったのです。

「鎮めなきゃいけない暴走がいっぱいあったわ。私には極端に狂暴な面があって、権威に対して完全に反抗してるの」

お酒、タバコ、薬でしか、ドリューのやりきれない気持ちを満たしてくれなかったんですね。

そして、薬物・アルコール依存症のリハビリセンターに治療のため入所します。

しかし、心の傷は治らず、14歳の時には自殺未遂の騒ぎを起こしました。

「若い頃から、プロフェッショナルな環境の中で生きて、その中で死にたいと、過剰なほど熱く思ってた。それが私の経験のすべてだったから」

なんとも悲しい表現です。スターの道をまっすぐ導く人もいず、大きな葛藤が揺れ動いていたことでしょう。

母親からの独立後は?

自堕落の原因が母親[にあると判断したドリューは、15歳の時に母親からの独立を裁判で訴え、成人として裁判所に認められます。

「私には家族がいなかった。覚えている限り、私はずっと働いてたわ」

独立したドリュー・バリモアは、アルバイトをして、オーディションを受ける日々でした。

全身7ヶ所にタトゥーを入れて、注目を集め、「Bad Girl」として有名になります。

「ドリューバリモア タトゥー」の画像検索結果1995年には『プレイボーイ』誌でヌードにもなっていました。

注目を集めるために、夜な夜なパーティに出没して、粗暴な振る舞いを続けました。

しかい、以前とは異なり、たばこ・アルコール・薬物等は決してやりませんでした。

sponsored link

ドリュー・バリモアの現在は?

「ドリューバリモア 現在」の画像検索結果2001年の映画『ライディング・イン・カーズ・ウィズ・ボーイズ』で10代で母親になる女性を演じたことをきっかけに、母親と和解しています。

今は、離婚はしてしまいましが、二人の娘と一緒に暮らしています。

この娘たちの存在が暴走を止めてくれているそうです。

子供たちは、私がずっと知らないでいた”愛”そのもの」と語るドリュー。

自分の母親を反面教師に、わが子には幸せな子供時代を過ごさせ、充実した日々を送っているようです。

Sponsored Link