エンタメ

「007」監督にイケメン日系米国人、キャリー・フクナガ!経歴は?家族は?結婚してるの?恋人は誰?

日系米国人のキャリー・フクナガ(Cary Joji Fukunaga)氏が、人気スパイ映画「007」シリーズの最新作の監督に、アメリカ人初で、起用されることに決定されました。

【ロンドン時事】英国の人気スパイ映画「007」シリーズの最新作の監督に、日系米国人のキャリー・フクナガ氏(41)が起用されることになった。
 制作者らが20日発表した。

 最新作は2020年2月に世界公開となる予定。当初は英国人のダニー・ボイル氏が監督を務める予定だったが、方向性の違いから8月に降板していた。<出典 JIJICOM>

キャリー・フクナガ氏って超イケメンなんです!「cary fukunaga wife」の画像検索結果

初めて聞いた時、監督じゃなくって、007役と思っちゃったほどです。「スーパーマン」のクラーク・ケントって感じですよね。監督なんてもったいないなあ。

今回は超イケメン映画監督、キャリー・フクナガ氏の経歴や気になる結婚歴恋人を探ってみました。

sponsored link

キャリー・フクナガの経歴

「cary fukunaga wife」の画像検索結果

1977年7月10日、カルファルニア州オークランド生まれ。

短編映画『Victoria para Chino』(2004)が、サンダンス映画祭で上映され、2005年に学生アカデミー賞を受賞。

「Victoria para Chino」の画像検索結果この映画は、2003年5月に、米国テキサス州のハイウェイ77沿いで、放置されていたトレイラーの中から、17名の遺体が発見された実在の事件をもとにしています。ちょっと怖い映画です。

2009年、移民たちの過酷な現実を描いた『闇の列車、光の旅』で長編映画デビュー。

2010年、シャーロット・ブロンテの長編小説『ジェーン・エア』を映画化。日本では2012年に公開されました。「ジェーン・エア」の画像検索結果

2014年、HBO系列放送のTVドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』のシーズン1の監督を務め、同年のエミー賞にて、ドラマシリーズ部門最優秀監督賞を受賞しました。

2015年、Uzodinma Iwealaの小説『ビースト・オブ・ノー・ネーション』を、映画化。「ビースト・オブ・ノー・ネーション」の画像検索結果

フクナガ氏はエミー賞を受賞している若くて才能ある監督ですね。監督した映画も、典型的なアメリカ映画という作品ではないです。だから今回も「007」の監督役が回ってきたのですね。

キャリー・フクナガの家族は?

キャリー・フクナガ氏には、妹がいるようです。「cary fukunaga wife」の画像検索結果映画「ビースト・オブ・ノー・ネーション」の会見のときに、妹さんを連れてきたようですね。

キャリー・フクナガは結婚してるの?恋人は?

フクナガ氏は現在は、結婚してないようです。しかし、過去に婚約していたようですよ。

ちょっとショックですよね。一体誰と婚約してたのでしょう?

恋人といえば、テレビドラマ「LEFTOVERS/残された世界」の女優マーガレット・クォーリーが、キャリー・フクナガ監督と熱愛を去年噂されていました。

「cary fukunaga wife」の画像検索結果

フクナガ氏より17歳も年下のマーガレットに、手紙や手作りの絵などを送ったとか。

御本人は、恋人説を否定していますが、手作りのプレゼントは、好きな人にしか送りませんよね。

sponsored link

まとめ

 

Director Cary Joji Fukunaga  at Film Independent Screening Series of Jane Eyre held at the Landmark Theater on March 3, 2011 in Los Angeles, California.

キャリー・フクナガ氏は、まだ41歳と若いのに、色々な賞を受賞しているイケメン監督だったのですね。

彼女の噂は、マーガレット・クォーリー以外のにも、映画の主演女優と恋仲だと毎回言われているようです。ハンサムすぎる監督の避けられないゴシップです。

フクナガ氏の2020年公開の「007ボンド25」はどんな映画にしてくれるのでしょうか?今から楽しみです。

♥イケメン監督キャリー・フクナガは日系ですが、日本語を話せるのでしょうか?実はブサイクなの?っておもえる画像も載せてます。気になる方はこちらへ。

Sponsored Link