Crafts

高江友作【流木作家】の経歴・作品・展覧会は?アトリエで作るTstoolが可愛い。

流木作家の高江友作(たかえ ゆうさく)さん。

流木を使用して家具やインテリアを制作していて、木靴を履いた椅子「tstool」がとても可愛らしいと評判です。

ここでは、高江友作さんのプロフィール、経歴、学歴、作品、個展、アトリエを紹介します。

sponsored link

高江友作のプロフィール  経歴・学歴

引用元:https://www.at-s.com/news/article/local/central/

生年:1974年

出身地:東京都

学歴:日本体育大学卒

高江さんは東京都の公立中学校の教諭を7年間務めた後、退職。自然の美しさを生かした創作に専念しようと、静岡に1年半かけて自宅兼工房を廃屋を改修して作りげます。木彫刻、家具は独学で習得しました。

流木との出会いをきっかけに、「創作して生きる」ことを目的にインテリアアーティストの道に入ったそうです。

2018年に寺田倉庫にて初個展を開催。翌年は、木靴を履いたスツールを考案し「Tstool」として展開します。ほかに「Tchair」「Ttable」も制作しています。作品の裏にはシリアルナンバーがついており、”T001″から始まって、”T999″まで製作予定だそうです。

高江友作の作品

他の美しい流木インテイアは高江さんのサイトで御覧ください。

高江友作の個展

2019年4月に、静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターで、「TOMOSAKU TAKAE ~躍動する家具と「T stool」展~」、5月に東京のshakespeargalleryで「T-saku展」が開催されました。

「高江友作 個展」の画像検索結果引用元:https://shakespearegallery.wixsite.com/

2020年の個展の予定はまだ未発表ですので、高江友作さんの個人ウェブサイトを御覧ください。

高江友作のアトリエ

アトリエ「Tsaku」

ウッドアートハーミット
静岡県静岡市葵区鍵穴38-2
tel 090-9375-5918
mail info@wood-art-hermit.com

月に一回 オープンアトリエを開催しています。メールでお問い合わせください。

sponsored link

愛らしい流木インテリア

関連画像引用元:https://www.pinterest.es/pin/

アメリカ西海岸では、流木の形をそのまま活かしてテーブルや椅子につくりあげていくものに人気があり、一般的な家具屋でも販売しています。

高江さんの作品はオリジナリティに富み、可愛らしい物が多く、アメリカ中部のフォークアートに近いものを感じます。自然豊かな場所ならではの材料を選び、どのように創作していくかは作家の個性が表れます。

いくつもの作品は、流木の年月を感じさせながらも、滑らかに仕上げられた形状は、実用品にもなりえるし、鑑賞品としての役目も果たします。

靴を履いた椅子は、座った途端に走り出してしまうのではないかと、使用者の想像力も充分かきたててくれます。そして、そのままおとぎの国へ連れて行ってくれそうな、見ているだけでも楽しくなってくるような作品です。こんな遊び心がたっぷりのインテリアが家にひとつでもあれば、生活に新しい吐息を吹き込んでくれることでしょう。

あわせて読みたい
細川護熙【陶芸】作品の価格と経歴。個展や美術館も紹介!第79代総理大臣を経て、陶芸家・茶人として現在活躍する細川護熙(ほそかわ もりひろ)氏。 細川氏の陶芸家としての焦点で、経歴、学歴、作...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です