アート

片桐仁の粘土アートが凄い!ちょっと気持ち悪い作品と値段、ギリ展を紹介!

俳優、お笑い芸人、そして彫刻家の片桐仁

どの分野でも活発に活動していますが、今回は片桐仁の粘土アートを紹介したいとおもいます。

多摩美術大学出身で本格的にアートを学んだユニークな作品と、値段、そして個展情報を調べました。

sponsored link

片桐仁のギリ展 2018年

片桐仁の作品は「不条理アート」と呼ばれています。

この粘土アート作品展「ギリ展」は2016年から全国ツアーを始めて、約5万人以上の人たちが、この展覧会を訪れています。

〈全国ツアースケジュール 2018年〉
■イオンモール春日部(埼玉県)   3/17(土)~4/1(日)
■イオンモール鈴鹿 (三重県)       7/20(金)~8/5(日) 
■(福島県)            8月
■イオンモール神戸北 (兵庫県)    9/14(金)~9/30(日)
■イオンモール甲府昭和 (山梨県) 11/9(金)~11/25(日)

■開催時間 :平日 12:00-20:00(最終受付19:30)
                     土日祝日 10:00-20:00(最終受付19:30)
■入場料  :一般 500円
                     学生 400円(学生証をご提示ください。)
                     ※小学生以下無料

「ギリ展」は片桐仁が19年に渡り「何かに粘土を盛る」という方法で粘土作品を創作してきた作品群の展覧会です。

粘土を盛ることで、使いづらく、そしてシュールな形に生まれ変わる生活雑貨の数々がまた面白いのです。

片桐仁は19年間このような作品を作り続けていて、バカバカしいけれど、クオリティーの高い作品ばかりだそうです。

片桐仁の作品と値段

「片桐仁 アート値段 」の画像検索結果

片桐仁が、アメリカで作品展示をしたとき、作品全部を4億円で買いたいと申し出た金満男性がいたという噂を聞きました。

アメリカのどこの展示場とか、どの作品かは分かりませんでしたが、奇抜な作品が好きな人はいるものですよね。

一点物を高価な値段で買わなくても、一般販売をしているものもあります。

ギリ展」に行けば、グッズが買えますよ。

キーホルダー 600円

Tーシャツ 3000円

フィギュアストラップ 400円

これは、ガチャで購入なんですよねー。選べないので運任せですが、どれもかなり精巧で、満足がいく作品のようです。

sponsored link

まとめ

片桐仁の「ギリ展」はかなり面白いようですよ!

お時間がある方は、是非一度よってみるといいのでは?

♠片桐仁は、俳優、お笑い芸人、芸術家として、多彩な才能を発揮しています。プロフィールや経歴を知りたい方は、こちらもどうぞ!

Sponsored Link