Business

渋沢栄一【新一万円札】は妻、妾、庶子が多すぎる!子供や子孫に逮捕者もいた?

2024年に1万円札の顔が「日本の資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一になります。

本記事では渋沢栄一の家族を調べてみました。

何度も結婚して妻が多数で、妾、愛人、庶子までいたということです。

また渋沢栄一の子供や孫、子孫は誰なのでしょうか?

また検索すると「逮捕者」と出てきますが、それは誰なのでしょう?

sponsored link

渋沢栄一のプロフィール

<引用元:himajin-ibunroku.com>

生年:1840年3月16日

没年:1931年11月11日 (享年91歳)

出生地:埼玉県深谷市

江戸、明治、大正、昭和と4元号を生きた人です。

豪農の家に生まれ、始めは尊王攘夷派だったのですが、改め徳川慶喜の家臣となります。パリ万博やヨーロッパに視察に先進的な産業や軍備に感銘を受け、商法会所を設立して株式制度を実施します。

また大蔵省に入省し、紙幣寮のトップに就任。

退官後は、現在のみずほ銀行の頭取に就任し、以降実業界で活躍し、王子製紙、サッポロホールディングス、東洋紡など多数の企業と関わり、龍門社を組織します。

渋沢氏は生涯に渡って「私利を追わず公益を図る」という信念を貫き通し、「財閥」を作りませんでした。そのため、他の財閥の当主たちが男爵であったのですが、渋沢氏は正二位勲一等子爵を授かっています。

91年という長い間日本の様々な産業、経済に貢献してきた渋沢氏は、プライベートの結婚や子供も多様であったようです。

妻 first wife  渋沢千代

 

渋沢栄一18歳、千代14歳のときに結婚。

2男3女をもうけました。

渋沢氏は千代を非常に深く愛していたようで、千代の浮気や離婚を恐れていたような手紙が見つかっています。

「かねてこなた心は承知の通りにて、たとえ十年が二十年とても相かわりなき赤心、ただただ憐れむべきはそなた事に候えども・・・」

「その節まではよくよく貞操御守りなされたく頼み入り候」         出典:ウキペディア

しかし、千代は42歳の若さでコレラでなくなります。

妻 second wife  

<引用元:www.music-tel.com/>

兼子氏とは千代氏が亡くなった翌年に結婚しています。

実家は伊藤八兵衛という元大富豪の次女で、兼子氏も再婚です。

渋沢氏と結婚する頃は、実家は没落して仕事を探していたようです。妾になるのはどうしても嫌だと断っていたところへ、渋沢氏との縁談がきたといいます。そして兼子氏が渋沢栄一の家を見に行ってみると、そこはなんと以前の自分の持ち家であったというなんとも哀しいエピソードがあります。

渋沢氏との間に2男2女をもうけます。

妾たち mistress 

渋沢栄一にはお妾さんが3人いたと言われます。

そしてこのお妾さんたちにもそれぞれ子供がいて、正式に庶子と認められたのは4人だけ。

今の思想で見てみると、いくら社会的に成功して、貢献していても、愛人がたくさんいる男性は疎まれますが、この時代は、妾を持つということは、特に問題はなかったようです。妾がいうということは、男性として経済的に非常に豊かであるというステイタスで、逆に富豪でも妾を持っていないと、世間の信用が持てなかったとも言います。確かに、正妻とその子供以外の家族の面倒をまるまるみるということは、かなり裕福でないとできませんよね。渋沢氏のお妾さんとの最後の子供が68歳のときだそうですから、人生全てにおいて精力的な男性だったのですね。

そして、妻妾同居という現代の日本では考えられない生活を、渋沢家ではしていました。嫡子、庶子合わせて20人はいたとされますから、かなりの豪邸だったと思われます。

渋沢栄一の子供、孫、子孫たちは?

渋沢栄一の子供は非嫡子をいれれば50人はくだらないとも言われています。お妾さんのほかに愛人もいましたので、、、。

何名か有名な現存の子孫をあげてみます。

渋澤健

 

引用元:https://himajin-ibunroku.com/>

1961年生まれ58歳。渋沢栄一の玄孫にあたります。コモンズ投信株式会社創業者で、コモンズ投信株式会社会長。シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役CEOです。

鮫島純子

渋沢栄一,子孫,現在,逮捕,噂,鮫島純子,å­«,新紙幣<引用元:www.mizharu.com>

1992年生まれ、92歳。渋沢栄一の孫にあたります。

鮫島純子氏は、二番目の妻、兼子との息子、正雄の息子ですから、正式な家督を継いでいます。

<出典:ウキペディア>

左前の女の子が、鮫島氏です。

78歳でデビューしたエッセイストで、著書『なにがあっても、ありがとう』はベストセラーとなっています。

鮫島純子氏の夫は鮫島員重氏なのですが、員重氏は岩倉具視の曾孫ということで、高貴な家柄を感じさせますね。

子孫についての「逮捕者」を調べてみましたが、情報は出てきませんでした。しかし、長く続く家系ですべての子孫を調べるならば、犯罪に関わっていた人物がいるのも当然なのではないかと思います。

sponsored link

まとめ

新一万円札の顔となる渋沢栄一氏のプライベート、家族、子孫はかなりドラマチックでした。

渋沢栄一氏が活躍していたときから150年ぐらいしかたっていませんが、こうした家族のあり方を見てみると、現代では理解しがたい家庭環境であったことに衝撃を受けました。

やはり社会的に大きな功績を残している人物の家系は、かなり複雑なものであり、実際の個々の幸せの違いを考えさせられました。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です