Sports

黒木理帆(ラグビー)の出身高校、大学は?ポジションや家族を調べたら兄もラグビー選手!

ラグビー15人制日本代表、黒木理帆選手

黒木理帆選手は、リオ五輪出場の、主力メンバーに次いで代表として活躍が期待されています。

今回は、黒木理帆選手の出身高校、大学、プロフィールや経歴、ポジションを調べてみました。

また家族を見てみると、兄もラグビー選手のようです

sponsored link

黒木里帆のプロフィール

名前  :黒木理帆 (くろぎ りほ)

生年月日:1998年5月2日 (2018年現在 20歳)

出身  :宮崎県門川町

身長:166cm

体重:66kg

ポジション:センター

ラグビー選手としては、小柄な体格ですね。

勿論日本人女子としては、十分な体格ですが、世界の平均に比べると、日本人選手はまだ小柄な女子が多いようです。

ポジションはセンターということで、攻撃・守備どちらでも要になる、強い選手であることがわかります。

黒木里帆の出身高校、大学は?

出身高校は、島根県の石見智翠館高校

「黒木 理帆」の画像検索結果

この高校の女子ラグビー部は、高校選抜女子セブンズ大会4回、全国U18女子セブンズのセブンズタイトルを歴代最多計5回獲得している超強豪校です!

そして、立正大学社会福祉学部に進学。

大学のラグビー部に所属するとともに、埼玉県熊谷市を拠点とするNPO法人、ARUKAS KUMAGAYAが運営する、女子7人制ラグビーチーム「アルカス熊谷」でも活躍しています。

「アルカス熊谷」の画像検索結果

黒木里帆の経歴

小学校の頃はサッカーをしていましたが、ラグビーは中学1年生の時、「日向ラグビースクールジュニア」で始めました。

黒木里帆は、高校1年生のころから、「第25回女子セブンズアカデミー」の参加選手に選ばれるなど、入学当初から活躍しています。

セブンズアカデミー」とは、財団法人 日本ラグビーフットボール協会が、
ラグビーワールドカップ2019、2016年五輪にて、7人制ラグビーが正式決定したことを受け、ジュニア、ユース世代(小学生~高校生)から
世界と戦える可能性を秘めた選手の発掘、育成、強化の一環として継続実施しているものです。

高校2年生のころには、全国高校選抜女子セブンズ大会で、石見智翠館高校の3連覇に貢献し、2年生ながら大会のMVPに選ばれています!

また、15人制女子ラグビーのアジア大会である「女子アジアラグビーチャンピオンシップ 2015」日本代表に史上最年少(17歳)で初選出もしました。

15人制女子ラグビーで初のアジアチャンピオンに輝いています!

大学に進学してからは、第18回アジア競技大会2018で、優勝!

また、ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第1戦ドバイ大会の招待試合で、女子セブンズ日本代表(桜セブンズ)に選出されています。

黒木理帆の両親、兄弟姉妹は?

「黒木 理帆」の画像検索結果

ご両親がラグビーをするのに随分と支援応援をしてくれていくようで、黒木選手は大変甘庶している様子です。

黒木理帆がラグビーを始めたきっかけは、兄の花園予選決勝戦を見に行って、その時の11番の兄の姿に憧れたことからスタートしたそうです。

兄は、5歳年上の黒木竜海(たつみ)さん。

宮崎県立日向高等学校卒業で、平成23年度西日本日本代表候補にも名前が挙がっている実力者です。

今現在は、九州の実業団チーム、ヒムカレイズラグビーフットボールクラブにて競技を続けています。

他にも兄弟がいるようですが、親戚ぐるみで仲のよい一族みたいですね。

sponsored link

黒木理帆のまとめ

黒木理帆選手は、「チームのために身体を張る、タックルをするという『心の底からの』覚悟を持って臨めば、何だってできる。」と語っています。

黒木理帆選手はの本代表メンバーでは若手の方ですので、オリンピックではぜひ先発出場してほしいので、これからの益々の活躍を期待しています。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です