Crafts

志村ふくみ【染織家】の経歴・作品・学校は?本や展覧会も紹介。

染織家、紬織りの重要無形文化財保持者の志村ふくみさん。

草木染めの糸を使用した紬織りの作品が「人間存在を自然の中に織り成す柔らかな思想」であるという新しい美的感覚を生み出しました。

ここでは、志村ふくみさんのプロフィール、学歴、経歴、賞歴、作品を見ていきましょう。また、学校や本、展覧会も紹介します。

sponsored link

志村ふくみのプロフィール  学歴・経歴・賞歴

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

生年月日:1924年(大正13年)9月30日

出身地:滋賀県近江八幡市

学歴:文化学院卒業

略歴・賞歴

1924年 滋賀県近江八幡市に生まれる。父親は開業医。

1942年 18歳 文化学院卒業
 
1955年 31歳 両親が柳宗悦の民藝運動に参加していた影響で織物を始める
 
1957年 33歳 第4回日本伝統工芸展に初出品で入選
 
1964年 40歳 資生堂ギャラリーにて第1回作品展を開催 
 
1968年 44歳 京都市嵯峨野に工房を構える
 
1983年 59歳 『一色一生』で第10回大佛次郎賞を受賞
 
1989年 65歳 娘の志村洋子とともに「都機(つき)工房」を創設
 
 1990年 66歳 農村の手仕事だった紬織を「芸術の域に高めた」と評価され、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)の保持者に認定
 
1993年 69歳『語りかける花』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞
 
1999年 75歳 ソウルで「志村ふくみ・洋子 二人展」を開催
 
2013年 89歳 染織の世界を学ぶ芸術学校「アルスシムラ」を志村洋子とともに設立
 
2014年  90歳 京都賞思想・芸術部門 美術分野を受賞
 

2015年  91歳 文化勲章を受章、VOGUE JAPAN Women of the Year 2015 、Ars Shimura(アルスシムラ)2校目として、嵯峨校を開校

2016年 92歳 京都市名誉市民 認定

 
現在も京都市右京区嵯峨野に工房で活動中。
 

志村ふくみの作品

志村ふくみさんの美しい作品をしむらのいろのサイトでご覧いただけます。

志村ふくみの展覧会・ギャラリー

アトリエシムラ Shop&Gallery

アトリエシムラ Shop & Gallery 京都・岡崎 しむらのおうち引用元:https://www.fujingaho.jp/culture/craft-tableware/a75413/

着物や小物の販売のほか、しむらの世界にふれられる様々な催しを行っていて、特別展の際には、志村ふくみさん、娘の志村洋子の作品も展示販売するそうです。

<京都本店>
〒600-8018 京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 壽ビルディング2F

電話:075-585-5953

<東京 成城>

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-20-7

電話:03-6411-1215

志村ふくみの学校やワークショップ アルスシムラ

アルスシムラ

アルスシムラ2020年度生徒募集と見学会のお知らせ | しむらのいろ ...引用元:https://shimuranoiro.com/topics/2947/

志村ふくみさん、志村洋子さんが創造した染織の世界を、芸術体験を通して学ぶ場です。授業では、草木で染めて、機で織り、作品を制作。手仕事を通してものに触れ、しむらの染織の技と精神を学ぶことをモットーとしています。

週4日の1年、2年コースと週1回、2回のコースが学びたい別にあります。書類選考や面接もあり、入学金、授業料は大学並みです。

ご興味のある方は、アルスシムラのサイトを御覧ください。

ワークショップ

オンラインの読書会などを毎月数回開催しています。たとえば、6月は「志村ふくみのベストエッセイを読む」です。

https://shimuranoiro.com/workshop/?wy=2020&wm=6

sponsored link

志村ふくみの本

若い頃から読書が趣味だった志村さんは、『万葉集』『源氏物語』や世界の文学作品を学んでいました。 
詩人・評論家の大岡信(おおおか まこと)氏に「何か書いてみないか」と言われ、自分の仕事を文章化するエッセイの活動をはじめました。

一色一生

植物から染まる色は、単なる色ではなく、色の背後にある植物の生命が、色をとおして映し出されているのではないか。それは、人と言葉と表現行為と、根本的に共通する。芸術と人生と自然の原点に佇んで思いめぐらす。深い思索とわがいのちの焔を、詩的に細やかに語るエッセイ集。 出典:アマゾン

語りかける花

『一色一生』に続く、第二随筆集。自らの道を歩む中で、折にふれ、山かげの道で語りかけてくる草や花。その草木たちから賜る無限の色。その色を吸い込む糸。それを織ってゆく思い。染織の道を歩むものとして、ものに触れ、ものの奥に入って見届けようという意志と、志を同じくする表現者たちへの思いを綴る。  出典:アマゾン

白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉

染織の仕事をしている人の思いが伝わってくる。
白黒の写真が、言葉の背景となっている。
「手のなかに思考が宿るといってもいい。」手に職のある人の言葉として重みがある。  出典:アマゾン

あわせて読みたい
津田青楓の経歴・作品・展覧会。夏目漱石や妻山脇敏子との関係は?画家、書家、随筆家、歌人、良寛研究家と多彩な才能を発揮した津田青楓(つだ せいふう)。 ここでは、津田青楓の画家としての経歴や作品、展...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です