Art

沖昌之【猫写真家】の経歴、作品、写真展を紹介!猫を撮るきっかけやエピソードは?

猫専門の写真家、沖昌之さん。

2014年から猫の写真を撮り始め、猫写真ブログ・ランキング1位の人気です。

猫写真家 沖昌之さんのプロフィール、経歴、学歴、作品や写真展を見ていきましょう。

猫を撮るようになったきっかけやエピソードも紹介します。

sponsored link

沖昌之のプロフィール 経歴・学歴ときっかけ

「沖昌之」の画像検索結果<引用元:https://www.sankei.com/>

氏名:沖昌之 (おき まさゆき)

生年:1978年 2019年現在 41歳

出身地:兵庫県神戸市

学歴:不明

配偶者:複雑な関係(自身のフェイスブックによる)

沖さんはアパレル関係の販売員の仕事に就いていて、カメラは使用していてました。写真を撮っていくうちに、カメラの楽しさに気づき始め、試行錯誤します。

沖さんがどのカメラマンの師事したかは不明ですが、写真教室に行き、この時期に技術を身につけていったのは確かでしょう。

猫専門の写真家になったきっかけは、一匹の猫との出会いでした。

エクゾチックショートヘア風のブサカワ猫が、会社も近くの公園にいて強く惹かれ、毎日その猫の写真を取り続けました。

それが写真集『ぶさにゃん』の元として出版されています。

「猫写真集 ぶさにゃん」の画像検索結果<引用元:http://blog.livedoor.jp/>

36歳の時に会社を辞め、写真一本の生活をしますが、本人としては「とりあえず猫写真家に」という気持ちだったそうです。

沖昌之の作品

「沖昌之」の画像検索結果<引用元:http://www.tokyoartbeat.com/>

<「沖昌之」の画像検索結果
<引用元:https://www.ozorabunko.jp/>

 
「沖昌之」の画像検索結果
<引用元:https://marisol.hpplus.jp/>
 
「沖昌之」の画像検索結果<引用元:https://pukapuka-note.blogspot.com/>
 
あやゆるスタイルの猫の写真が載っている、沖昌之さんのインスタも御覧ください。
 

沖昌之 2019年写真展

ねこがかわいいだけ展

会期:2019年7月20(土)~2019年9月17日(火)

宮城県
開催期間:7月20日(土)~9月1日(日)
開催時間:11:00~19:00(最終入場18:30)
会場:仙台フォーラス8階 特設会場

新潟県
開催期間:7月20日(土)~9月8日(日)
開催時間:10:00~19:00(最終入場18:30)
会場:万代シルバーホテルビル 2F

東京都
開催期間:8月15日(木)~9月10日(火)
開催時間:10:00~20:30(最終入場20:00)
会場:渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール

大阪府
開催期間:7月20日(土)~9月17日(火)
開催時間:10:00~20:30(最終入場20:00)
会場:ナレッジキャピタル イベントラボ(グランフロント大阪 北館)

長崎県
開催期間:7月24日(水)~9月1日(日)
開催時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
会場:佐世保市博物館島瀬美術センター

神奈川県
開催期間:9月14日(土)~10月14日(月)
開催時間:10:00~20:30(最終入場20:00)
会場:神奈川県横浜市アソビル3F STAMP HALL

静岡県
開催期間:10月19日(土)~11月10日(日)
開催時間:10:00~19:00(最終入場18:30)
会場:神奈川県静岡市 松坂屋静岡店

料金
前売券:600円
前売限定猫グッズ付チケット:1500円
当日券:800円
*小学生以下は入場無料

猫の写真の他にもかわいいグッズ販売もするようで、「究極のニヤニヤ空間」が楽しめるようです。

問い合わせ 「ねこがかわいいだけ展」

sponsored link

沖昌之と猫の距離

沖さんはもともと猫が好きだったので、撮影に出て猫に会うと、「可愛い〜」とまず思うそうです。

そしてはやる気持ちを抑え、なるべくゆっくりした動作でカメラの準備をし、平静を装って猫に近づいていくのだとか。

撮影場所を決めたら、あちこち回らずじっと同じ場所で、猫の動作を観察し、猫が慣れてくれるまでじっと待ち、いい表情を取るそうです。

長いときには2年も待って、求める表情が撮れたこともあったとインタビューで語っていました。

沖さんにとっての猫の魅力は喜怒哀楽の表現が、猫それぞれによって違うところです。

まるで人間のような感情表現の豊かに深く惹かれ、またいろいろな情報をもっていても、自分に興味のあることしかしない「選択力」に感心するそうです。

今後も猫目線での一瞬の表情を取り続けて、鑑賞者を和ませてほしいと思っています。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です