Love

エッシャーの妻はダメンズに尽くすマリア様|芸術家の恋人たち

だまし絵で世界中の人々を魅了するオランダの画家マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher)。

エッシャーは50歳過ぎてから版画家として有名になったのですが、それまでは両親に生活費を出し続けてもらっていたダメンズです。

しかし、そんな不遇の時代も献身的に支えていたのは妻のイエッタ・ウミカー。

今回は、エッシャーと妻イエッタのエピソードを見ていきましょう。

sponsored link

エッシャーの妻 イエッタ・ウミカー

イエッタ・ウミカー(Jetta Umiker)は、1897年12月ミラノで生まれエッシャーよりも六ヶ月年上です。

父親の関係で、イタリア、ロシア、フィンランド、スエーデンと様々な国に移り住まなければなりませんでした。

エッシャーとは、1923年3月にイタリアのラベロにあるホテルで出会います。

これはエッシャーが初めてのイタリア旅行中のときで、イエッタは家族と一緒に旅行していました。

エッシャーは彼女の第一印象を「ノースリーブをきた痩せこけた女の子」と表現して、友人に手紙を送っています。

エッシャーはよくフラれた

高校生の時、クラスメートの女の子のことが好きになって、勝手に婚約した気分になります。

しかし、彼女はエッシャーのことをよく知らないし、彼を傷つけないため「お友達でいましょう」とやんわり断りました。

大学でグラフィックデザインの勉強をしていた時は、モデルの女の子にやっとの思いで告白しますが、やっぱりフラれてしまいます。

エッシャーとイエッタの結婚

イタリア旅行で別れてからも、交友は続き、イエッタがチューリッヒに移ってからは、二人はあまり合うことができませんでした。

しかし、エッシャーは徐々にイエッタのことを好きになって、チューリッヒまで行って告白します。

イエッタは結婚の申込みを受け入れ、1924年6月にヴィアレッジオで結婚式をあげ、ローマに住みます。

 <引用元:https://www.escherinhetpaleis.nl/>

この結婚式はエッシャーの父の日記によると、「極普通の結婚式」だったそうです。

生活費は親まかせ

エッシャーは裕福な家庭の5人兄弟の末っ子として育ったので、非常に可愛がられていました。

学費も遊学のイタリア旅行も結婚式の費用もエッシャーの両親やイエッタの両親に出してもらいました。

また結婚して翌年には長男が生まれますが、芸術家として認められ自分の作品で生活していけるようになる51歳の時まで、ずっと親から経済的な援助を受けていました。

それでも、エッシャーは、イエッタと様々な場所へ一緒に旅行に行き、二人の仲は睦まじ飼ったようです。

「jetta umiker」の画像検索結果<引用:</phttps://tmlarts.com/>

あまり知られていないのですが、エッシャーは写真撮影にも非常に熱心だった時期があって、妻イエッタの芸術的な写真も多く取っています。

 

「escher wife」の画像検索結果<引用元:https://www.trouw.nl/>

イエッタの版画

「jetta umiker」の画像検索結果<引用元:https://www.flickr.com/>
イエッタ・ウミカーの肖像

エッシャーは1925年に妻をモデルとした版画を制作しています。

イエッタは大人しい性格で、エッシャーに献身的に尽くしたとききます。

エッシャーにとってイエッタは、可憐な永遠の少女であり、またの芸術的な才能を認めてくれ、いつも側にいてくれる聖母のような優しさも持った女性でした。

この木版画は中世のイタリアの宗教画をイメージさせ、光沢効果を出しために、彫刻刀やノミの種類を何度も変えています。

少し不自然とも思える細長い手は、エッシャーが友人に語っていたイエッタの手そのものであります。

繊細で敏感な内向的な女性の象徴としてもこの手は描かれ、2年前に制作された自身の肖像画と同じ技法を使っていながら、全く正反対の印象を受けます。

日本のエッシャー展

「生誕120年 イスラエル博物館所蔵ミラクル エッシャー展」が愛媛県立美術館でありました。

出品作品はすべて世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館の所蔵品。エッシャーの代表的な構図の「メタモルフォーゼ」シリーズ。エッシャー自身による貴重な初版プリントの「メタモルフォーゼⅡ」も展示していました。

sponsored link

エッシャーの本

エッシャーの作品と説明を見るのなら、英語版の本をおすすめします。

The Magic Mirror of M.C. Escher

引用元:https://www.amazon.com/Magic-Mirror-M-C-Escher/dp/3836574004/

エッシャーの伝記、250点のイラスト、数学的な解読も含まれており、少し詳しくエッシャーを知りたい方におすすめです。

あわせて読みたい
長沢明【日本画】の経歴・作品・展覧会・巨大動物の親近感。トラを代表的なモチーフとして制作をしている日本画家、美術家の長沢明(ながさわ あきら)さん。 画面いっぱいに広がる動物のモチーフに少し...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です