Photograph

川内倫子【写真家】の経歴と写真展。日常の生の儚さの作品の所感。

日常生活の中に生と死の儚さを表現する写真家、川内倫子(かわうち りんこ)。

本記事では、川内倫子氏の経歴、賞歴、作品、写真展を紹介します。

1枚の写真から、生と死の儚さ、この世の循環を感じさせる作品を見ていきましょう。

sponsored link

川内倫子のプロフィール、経歴

「rinko kawauchi」の画像検索結果<引用元:https://www.widewalls.ch/>

氏名:川内倫子 (かわうち りんこ)

生年月日:1972年4月6日 

出身地:滋賀県

居住地:東京都

学歴:成安女子短期大学卒業

川内氏は、短大でグラフィックデザインと写真を学び、卒業後は商業写真家として広告などを手がけていました。

2001年に「花子」「うたたね」「花火」の写真集を出版。

引用元:<https://www.amazon.co.jp/>

この「うたたね」のサブタイトルは、ドキリとするものですが、ローライフレックスによる正方形の画面が柔らかい色調とマッチし、生と死を考えさせられる表現と高い評価を得ています。

川内氏の写真は神道や日本の民族的宗教に根ざしていると、海外では言われています。

地球上のすべてのものは精神を持っているということをもとに、日常の些細もないものにも大きな力が働いていて、「過ぎ去ったときにちらっと見える小さな出来事」を撮影し、刹那的な感覚を伝えています。

川内氏の作品が海外では「俳句」といわれることについては

「海外の人にはよく、あなたの写真は俳句でしょ?と言われます。最初はピンときませんでしたけど、最近は、たしかに俳句かも!と思うようになりました(笑)。自然や日常のモチーフを使って、ある形式美、様式美にはめていくという手法が、彼らの俳句に対する解釈と近いのかもしれません。欧米の一神教ではなく、神道的なもの、八百万の神様がいるという日本の文化や、さまざまなところに崇高なものを発見するという感性を作品に見いだして解釈をしてくれることが面白いなと思います」 出典:https://topmuseum.jp/

と語っています。

動画でインタビューといくつかの作品を御覧ください。

受賞歴

  • 1997年、第9回ひとつぼ展グランプリ受賞。
  • 2002年、写真集「うたたね」「花火」などで第27回木村伊兵衛写真賞受賞。
  • 2009年、ニューヨーク国際写真センターインフィニティアワード新人賞受賞。
  • 2012年、王立写真教会 名誉フェローシップ賞
  • 2013年、個展『照度 あめつち 影を見る』で芸術選奨新人賞受賞。第29回東川賞国内作家賞受賞。

川内倫子の 写真展

川内倫子『as it is』刊行記念展覧会

Exhibition] 川内倫子/ as it is — POST引用元:http://post-books.info/news/2020/09/04/exhibition-rinko-kawauchi-asitis

会期:2020年9月4日(金)~2020年10月11日(日)
会場:POST
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
時間:11:00-19:00

新作作品集『as it is』を刊行を記念した展覧会。自身の出産から約3年間、子育てのなかで出会った子供の姿や、身近な風景を撮り溜めて構成した新作写真集です。

古典×現代2020-時空を超える日本のアート

古典x現代2020時空を超える日本のアート|グッズ・図録引用元:https://kotengendai.exhibit.jp/goods.html

会期:2020年 8月24日まで

会場:国立新美術館 企画展示室 2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

江戸期以前の古典の巨匠の名品と、現代作家の作品を組み合わせて展示する展覧会です。花鳥画と川内倫子、刀剣と鴻池朋子、北斎としりあがり寿、仙厓と菅木志雄、円空と棚田康司、仏像と田根剛、尾形乾山と皆川明、曾我蕭白と横尾忠則の8組を組み合わせて、日本美術に共通する造形の特質や美意識を明らかにします。

展覧会ホームページ https://kotengendai.exhibit.jp

sponsored link

川内倫子の作品への所感

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 川内 倫子 (@rinkokawauchi) on

引用元:https://www.instagram.com/p/BvsbnouAV1g/

春の日差しが部屋に差し込む、ごくあたりまえな風景。

この写真を見て、あなたは何を感じるだろう。

板張りの白い壁の部屋。窓に掛かった薄い二重のカーテン。窓の外には満開の桜が写っている。

少し肌寒くも感じるが、午後の日差しは明るく風もない。部屋の中も外も、しんと静まり返っている。

誰もいない部屋で一人桜をぼんやりと見つめる。

過去は靄がかかって思い出せないのに、頭の中に未来がよぎる。

来年の今頃は、何をしているのだろう。私はここに存在しているのだろうか。

不安と言うには頼りないほどの「死」を意識する。

今ここが現実であるのに、心は虚の世界へ漂っているような気分になる。

時間が止まっている。

この瞬間、生きていることさえ忘れてしまいそうな、無の感情に落ちてしまいそうにならないだろうか。

そして同時に、あなたは生の儚さとその意味を見つけ出すだろう。

あわせて読みたい
マーク・ヴァサーロ【写真 陶芸家】の経歴、作品、展覧会。禅の表現にみる美意識。日本を拠点として活動する イギリス人の写真・陶芸家 マーク・ヴァサーロ Mark Vassallo。 人気のあるズームアップされた美し...
Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です