Business

柳澤秀夫の息子、妻との家族関係は?肺がんを克服し現在の活動は?

放送ジャーナリストの柳澤秀夫氏。

湾岸戦争の時は記者としてイラクに残った「伝説的な記者」でした。

NHKを退局したのはまだ記憶に新しいところですが、現在はどのような活動をしているのでしょうか?

また肺がんを患っていたようですが、完治しているのか、妻や息子との家族関係はどうなのか調べてみました。

sponsored link

柳澤秀夫のプロフィール

「柳澤秀夫」の画像検索結果<引用元:matome.naver.jp>

氏名:柳澤秀夫 (やなぎさわ ひでお)

生年月日:1953年9月27日 2019年現在 65歳

出身地:福島県会津若松市

学歴:早稲田大学政治経済学部 卒

所属:ホリプロ

特技:アマチュア無線技士

1977年、NHK入局し、バンコク、マニラ特派員、カイロ支局長を歴任し、カンボジア内戦、湾岸戦争を取材しました。

また、9.11テロ、イラク戦争による中東情勢の関するドキュメンタリー番組にも出演し、2006年からは「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務めました。

2010年から「あさイチ」でMCを務め、厳しい感じの特派員やジャーナリストといった今までの雰囲気とは違った、「ダジャレおじさん」といったやさしい感じを見せていましたね。

2018年9月に65歳でNHKを退局。その後ホリプロとマネジメント契約をしています。

退局理由は

「60歳で定年を迎え、65歳まで勤めました。65歳で、ここで初心に帰りもう一度記者人生でやり残したこと、夢に思うことにチャレンジしたいと思い、以前から面識のあったホリプロにお世話になることを決めました」

<出典:https://www.oricon.co.jp/>

肺がんは完治したのか?

柳澤氏は「ニュースウオッチ9」のメインキャスターをしていた時、2007年に肺がんを告知され、止む終えす番組を降板しました。

肺がんになってしまった原因は、やはりイラクに長くいたせいではないでしょうか?

湾岸戦争では、当時の大統領サダム・フセインが化学兵器を多量に使用し、多くの兵士や民間人が病気にかかり、癌も発症したからです。

癌の摘出手術(右肺上部)の後、抗がん剤投与や放射線治療を1年間受け、2009年から仕事に復帰してます。

完治したかどうかは本人からは語られていませんが、今までのように海外での特派員活動は体に負担がかかるのだと思います。

柳澤秀夫の家族、妻、息子、娘

柳澤秀夫氏は結婚して妻、息子、娘がいます。

奥さんは、中学校の同級生だったとか。

名前や年齢の情報は見つかりませんでしたが、柳澤氏がどんな夫であり父親であるかという情報は少しみつかりました。

無事、手術が成功しても、進行具合は安心できる状況にはなく、今度は抗がん剤治療との闘いだった。副作用で髪は抜け、吐き気がし、食欲がなくなる。それを乗り切れたのは、奥さんの一言だった。
 
「手術前に“親より先に死ぬのは最大の親不孝だからね”って。親が健在なので当たり前のことを言われただけなんだけど、こたえましたね。これは何がなんでもふんばらなくちゃって」 出典:news.livedoor.com

癌治療を受けている時は、常に奥さんが丁寧なサポートをして闘病を乗り切ったそです。お互い助け合う素晴らしい夫婦だと感じます。

しかし、別の一面もあり奥さんの文句も言ってます。

「あさイチ」の片付け術によって余計な物を買わなくなったという事例が紹介されると、柳澤氏は「そういう人ばっかりならいいんだけど」とコメント。さらに「どうやったら気付いてくれるのかな…」「何か言うと管を巻かれるんだよ」などと話し、自身の妻の片付けに不満があることを匂わせた。 出典:news.livedoor.com

柳澤氏は「ルールを押しつけられるのはイヤだよね。価値観なんて全部違うんだから」と夫側の立場で意見を述べた。

視聴者のFAXやメールを紹介するコーナーで有働由美子アナウンサーが「柳澤さん『家事をしない人は黙っていてください』。そういう意見もあります」と読み上げたのだ。驚いた柳澤氏は大笑いするも、「いや、これは…きついな」とポツリ。 出典:news.livedoor.com

このような発言からすると、柳澤秀夫氏は、世界を股にかけて仕事をしていても意外にもオールドファッションな男性の気がしますね。

また愛犬家らしく、可愛いワンちゃん2匹を飼っていて、出勤前には必ずハグキスの挨拶をするそうですよ。

「柳澤秀夫 犬」の画像検索結果<引用元:matome.naver.jp>

sponsored link

柳澤秀夫の現在の活動は?

現在は「ワイド!スクランブル」でコメンテーターとして出演されています。

柳澤氏はNHKを退局するとき以下のようなコメントをしています。

「イチロー選手もそうですか、小生 現役でいたい。これから手探りではありますが、記者の最初の気持ちを思い出し、この世の中に向き合っていきたいと思っています」と決意し、今後について「これを機に色んなことにチャレンジしたいと思いますが、現場にはこだわっていきたいですね。取材現場にも行きたい。私の五感、六感を使い世の中に伝え、ジャーナリズムという原点にも帰りたい。そして世の中や次の世代のためになれたらうれしいですね」と力を込めた。 出典:https://www.oricon.co.jp/>

やはり根っからのジャーナリストなのですね。

今までの広く素晴らしい経験を生かして、どのように活動していかれるのか、非常に楽しみです。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です