エンタメ

名脇役 平泉成 プロフィールのまとめ! 本名は?出身地は?学歴は?

平泉成(ひらいずみせい)さんは、名脇役の一人として有名な俳優で、ドラマや映画には欠かせない存在ですね。

平泉さんはすでに芸歴は50年以上です。芸能界という場所は1本のテレビに出るだけでも大変な世界なのに、50年以上も活動を続けているのは、すごいの一言ですね。

今回はこの名俳優、平泉成さんの本名、出身地、学歴などプロフィールをまとめてみました。

sponsored link

生年月日は?

平泉さんの生年月日は、1944年6月2日です。

2018年現在で74歳です。74歳で現役なんて素晴らしいですね。

これから人生100年時代がやってきます。そう考えると20年後の74歳はまだまだ現役で頑張る年でしょう。平泉さんはすでに時代の先駆者として我々に、お手本をみせてくれているわけです。

1944年というと、第二次世界大戦の終戦の一年前で日本軍の旗色が悪くなってきて、神風特攻隊が組織された年です。平泉さんのご両親はさぞ、苦労なさったでしょう。それに、戦時中の生まれた赤ちゃんは栄養失調になり死亡する確率が非常に高かったようです。小さい頃から、ご苦労なさっているんですね。

出身地

愛知県額田郡宮崎村 (現在の岡崎市)

平泉さんは、愛知県出身だったのですね。この宮崎村は1956年に岡崎市に変わっています。

同じ岡崎市出身の俳優は、杉浦理史さん、壁谷明音さん、小林由希子さん、などがいます。

本名は?

平泉征七郎です。

立派なお名前で、これが芸名でも良かったような気もしますが、「成」のほうが読みやすく言いやすいので、みんなに覚えてもらうためには、短い名前のほうが良いのかも知れません。

実は昭和の時代は『平泉征』でした。
本名をちょっと短くしたんですね。

平泉さんは、自分の芸名に、何かしっくりこないという事で占い師に見て貰ったそうです。そして、大映時代に可愛がってもらった大先輩の『故・成田三樹夫』さんに近づきたいという気持ちもあって、成田さんの一字をとり「成」に変えたようです。

丁度年号が「平成」に変わる頃だったので、平成になった直後、 マスコミに囲まれていまれていたそうです。

実際、平成になってから仕事運がどんどん良くなっていったそうです。ラッキーネームなんですね。

学歴は?

中学

額田町立宮崎中学校です。

当時、宮崎村は、商店が一軒もないほどの田舎だったそうです。

年に一度の村祭にやってくる巡回映画を観て感動し、俳優の道を志すことになりました。

うーん、まるで西部劇の帝王ジョン・ウエインみたいですね。彼もド田舎の畑しかないとこで生まれ育って、ハリウッドスターを夢見ます。

きっと、現在の生活とあまりにも違う世界を見せられて、カルチャーショックを受けたのでしょう。

高校

岡崎商業高校です。

1902年に設立された伝統ある県立の共学校で、偏差値は49

平泉さんは、演劇部に所属して、外国映画、特にイタリアやフランス映画を好んで観ていたそうです。きっと、ジャン・コクトーの「詩人の血」とかルネ・クレールの「巴里の屋根の下」などの白黒映画を食い入るようにみて、演技の勉強をしていたのでしょう。

大学へは進学せず、名古屋市内のホテルのベルボーイを仕事にしていました。

20歳のときに、大映ニューフェイスに選ばれ芸能界入りをしましたが、目が出てくるのは、40歳を過ぎた頃からです。

sponsored link

まとめ

芸歴が長い平泉成さんは、それ長さだけに御苦労なさっていますね。

平泉さんは、大スターというわけでもなく、主演をはる役でもないのに、ドラマや映画では、決して欠かすことのできない役割をいつも果たしています。まるで燻し銀のような存在です。

これからもご健康で、数多くのドラマ・映画で活躍してくれることを期待しています!

 

 

Sponsored Link