Art

祖父江慎【装丁デザイナー】の経歴、展覧会、家族は?名言も紹介!

装丁デザイナー(ブックデザイナー)の祖父江慎(そぶえ しん)氏。

乱丁や裁断方法を意図的に施し、斬新なデザインで注目を集め、芸術的に秀逸な作品も多数あります。

祖父江慎氏のプロフィール、経歴、学歴、賞歴、作品、展覧会や家族を見ていきましょう。

またオススメの名言も紹介します。

sponsored link

祖父江慎のプロフィール・経歴

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:https://tobirae.fun/>

氏名:祖父江慎 (そぶえ しん)

生年:1959年  2019年現在 70歳

出身地:愛知県

学歴:多摩美術大学 中退

ゴズフィッシュ代表

愛知県旭丘高校美術家卒業後、浪人して多摩美術大学に入学。

浪人時代に味岡伸太郎の影響を受けました。

味岡伸太郎 (あじおか しんたろう)

デザイナー・現代美術家。1949年、愛知県豊橋市生まれ。かな書体「小町」「良寛」をデザイン。1985年、カリグラフィを担当した広島ワールドカップマラソンのポスターによりクリオ賞を受賞。1995年、日本タイポグラフィ年鑑・大賞、1989〜2001年、ベストワーク賞受賞。1999年 、日経デザイン賞などを受賞。現在は自然主体の作品を多く手がけている。

「味岡伸太郎 作品」の画像検索結果味岡伸太郎展「旅へ」2015 <引用元:</phttp://art08.blog.fc2.com/>

大学在籍中に「工作舎」でのアルバイトを始め、大学を中退し装丁の道に進みます。

1988年、29歳のとき、フリーランスとして独立し「コズフィッシュ」を設立しました。

小説や漫画、人文書などの書籍のデザインや装丁を幅広く手がけ、 さくらももこ『神のちから』、吉本ばなな『ムーンライト・シャドウ』、糸井重里『言いまつがい』などの書籍があります。

受賞歴

  • 1983年 第4回日本グラフィック展入選
  • 1995年 造本装幀コンクール日本書籍出版協会理事長賞
  • 1997年 講談社出版文化賞・ブックデザイン部門
  • 2004年 造本装幀コンクール文部科学大臣賞

祖父江慎の家族

両親

<引用元:https://twitter.com/>

ご両親の詳細情報は見つからなかったのですが、なかなかユーモアに溢れた方だったとお見受けします。

「清水壇 」の画像検索結果<引用元:https://www.1101.com/pansee/>

理論社の編集長をしている清水檀(しみず まゆみ)さんと結婚しています。仲の良さそうな夫婦ですね。

<引用元:https://twitter.com/>

子供

娘さんがいます。

<引用元:https://teitter.com/>

楽しそうな家族で明るい家庭のようですね。

祖父江慎のデザイン

祖父江慎氏の手がけたハイセンスの表紙を御覧ください。

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:</phttps://type.center/>

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:http://paopao72.blog.fc2.com/>

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:</phttps://www.unjyou.com/>

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:http://www.twipu.com/>

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:https://ssl.tsite.jp/>

祖父江慎の2019年展覧会・個展は?

2019年の展覧会、個展はまだ予定されていないようです。

2018年には「本と美術の展覧会」「坊っちゃん展」での出展がありました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます<引用元:https://tanemaki.iwanami.co.jp/>

sponsored link

祖父江慎の名言

祖父江氏は特にかしこまって話しているわけではないのですが、日々のつぶやきの中に心に響く言葉がたくさんあります。

 

<引用元:https://twitter.com/sobsin>

落ち込んでいたり、迷っていたり、悩んでいたりする時、祖父江慎氏のSNSを覗いてみると、心に一筋の光がさして、未来が少し明るくなるような気がします。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です