エンタメ

the pillows の「Star Overhead」 海外のコメント

「the pillows」が7月21日にアメリカ、カリフォルニア州サンディエゴで行われたコンベンション「2018 Comic-Con International」のライブに出演し、およそ1時間のステージで全14曲を熱演しました。

the pillows、サンディエゴのコミコンでフリクリナンバー熱唱

the pillows、サンディエゴのコミコンでフリクリナンバー熱唱

the pillowsが7月21日にアメリカ・サンディエゴで行われたコンベンション「2018 Comic-Con International」の野外ライブに出演した。

劇場版アニメ「フリクリ オルタナ」と「フリクリ プログレ」へそれぞれ主題歌を提供したthe pillows。山中さわお(Vo, G)が「ハロー、サンディエゴ!」とシャウトし、1曲目に「I think I can」を投下すると会場に集まった約1000人の観客たちは大きな歓声を上げた。彼らは続けて「Freebee Honey」「CARNIVAL」「Blues Drive Monster」「サード アイ」といった「フリクリ」の劇中歌としておなじみのナンバーをパワフルに畳みかけていく。さらに劇場版「フリクリ プログレ」の主題歌「Spiky Seeds」、「フリクリ オルタナ」の主題歌「Star overhead」が披露されると会場の熱気は最高潮に達した。the pillowsはおよそ1時間のステージでアンコールを含む全14曲を熱演し、ライブの幕を閉じた。          出典 ヤフーニュース

 

the pillowsは、海外でも人気の高いバンドですね。

人気曲「フリクリ オルタナ」の主題歌「Star Overhead」の海外からのコメントを紹介します。

sponsored link

海外からのコメント

  • 神業だね
  • 「ウイーザー」と「グリーンデイ」と「ラジオヘッド」をたしたのが「ザ ピローズ」だ。
  • FLCLがピローズをずっと起用しないんなら許せないよ!
  • FLCLを見てるのはピローズのためよ。
  • 曲が短いってことだけが欠点かな。
  • 日本の10代の若者の気持ちがわかるなあ。
  • ピローズみたいになりたくて、ギターを習い始めたんだよ。
  • めちゃくちゃいいよね!
  • 日本のロックってちょっとな、、、。
  • ノスタルジアを感じるよ。
  • あんまりこの曲好きじゃないな。
  • ああ、もうすごくアニメとマッチして泣いちゃう、、、。
  • カッコいい夢を見させてくれるよね。
  • ほんとに、イケてる!
  • いつまでも新鮮さを感じる曲だね。
  • ピローズの曲って全部いいよね。
  • 感動した!
  • この曲に勝るものはない。
sponsored link

まとめ

やはり海外でも評判がかなりいいようですね。

the pillowsの大ファンは、今回のComic-Con Internationalに、彼らを観るためだけに行ったという話もききました。

現在the pillowsは、アメリカツアーを終えて、想定外の感動を噛み締めながら、ちょっと寂しも感じつつ、日本でほっとしているようです。

Sponsored Link