生き物

サメと泳ぐのは「コモリザメ」でも危険!?近年のコモリザメに噛まれた事故

サメと一緒に泳げる観光地はいくつかありますが、安全性はどうなのでしょうか?

「コモリザメ」は、比較的おとなしいサメで、攻撃性はあまりない、と言われていますが、最近ではバハマでコモリザメにかまれたモデルさんがいましたね。

「コモリザメ」について見ていきましょう。

sponsored link

近年のサメに噛まれた事故

2018年7月 バハマ

旅行中、昼食後の散歩でコモリザメが泳いでいるスポットを発見したカタリーナ。Instagramでコモリザメと泳ぐ人を何度も見たことがあったカタリーナは、自分も一緒に写真を撮りたいと熱望。
カタリーナは「コモリザメはおとなしい生き物」というが、実際にバハマでは、コモリザメと泳ぐというツアーが人気。

最高のインスタ写真が撮れた直後…!

しかし、写真を撮った直後に、手に噛み付いたサメが、そのままカトリーナを水中にひきずりこもうとした。
出典 Yahoo JAPAN

 

 

2017年9月 アメリカ

アーウィン・マッカーシーさんとその友人たちは、水中にもぐってオマールを捕まえた。うち1人はメバルを狙ってスピアガンを撃ち、命中した。マッカーシーさんは獲物を引きあげるのを手伝うために水に飛び込んだ。その時、マッカーシーさんにサメが襲いかかった。
マッカーシーさんは、「サメを両手でつかまえていなければ、腹部が噛み切られていただろう」と語った。
マッカーシーさんはなんとか船にたどり着くことができたが、サメは水から出てもマッカーシーさんの腹部に噛みついたまま離れず、ナイフをつかって引き離された。                     出典 スプートニク日本

2016年5月 アメリカ

フロリダ州パームビーチ郡ボカラトンはフロリダ半島の大西洋岸側に位置し、白い砂浜で知られる美しい町である。エバーグレイズ野生動物保護区から数十キロしか離れていないレッド・リーフ・パーク海岸で15日午後1時20分頃、23歳の女性が2フィート(約60センチ)のコモリザメに襲われた。救急隊員のボブ・レモンズ氏によると、サメはすぐ殺されものの女性の噛みついた腕から離れず、そのままの状態でボカラトン病院に運ばれたという。

 

出典 エキサイトニュース

 

2009年3月 アメリカ

マルセル氏は、年に何百回もコモリザメにキスをしてきたそうですが、この日は違っていました。いつものように、ダイビング器具を取って、コモリザメに直接キスをしようとしたところ、サメに唇を噛まれてしまうという悲劇が襲ったのです。サメは裏返しにされたことによって、前が見えなくなり、餌物と勘違いして噛んでしまったとのことです。

 

 

 

 

出典 skark.blog.jp

 

近年だけでも、多くのコモリザメに噛まれる事故がありますね。

コモリザメについて

体長が2〜3メートルで、体の色は背側が灰黄色、腹側は白色です。頭部は扁平で多数の小さな歯を持っていて、尾は体長の四分の一もあります。口元には2本の長いヒゲがあり、水流、水圧、餌を感知します。

子守りをするサメ「ナースシャーク」と言われますが、実際には子守りはしません。子供を生む時は、卵ではなく、母胎で卵から孵化して、稚魚の状態でうまれます。

夜行性なので、日中は岩陰や洞窟などで動かず、じっとしていることが多いです。

sponsored link

コモリザメでも安全ではない

コモリザメは性格はおとなしいので、すぐに人を襲ったりする攻撃性はありません。

夏は繁殖のために浅瀬にあがってくるので、水深1メートルぐらいのところでも見られます。しかし、不用意に接触すると、攻撃してきて、ストレスからの防御で、噛んだまま離さない場合もあります。また赤ちゃんのコモリザメは、人間が触ったことにより、死んでしまうことが多いので、動物保護団体PETAは、大人しい性格であっても、刺激をしないようにと警告をしています。

Sponsored Link