エンタメ

田中啓司の女好きは「オリーブの木」のご利益で治ったの?

俳優の田中啓司さんが、先月双子のパパになりましたね。予定より早めの出産だったそうですが、奥様の仲間由紀恵さんも、お元気な様子で良かったです。

田中さんといえば、不倫騒動で何度も話題になりましたね。パパになって、女癖はよくなったとも言われています。これって、ご自宅のベランダにある大きなオリーブの木のご利益ですかね?

オリーブの木は縁起のいいものとして、結婚式の贈り物にも人気があるものです。どんなご利益があるか、幾つかあげてみましょう。

sponsored link

平和と安らぎをもたらす

「平和」と「安らぎ」は「ノアの方舟」の話に由来しています。

ノアたちが洪水から生き延び、地上にハトを放すと、ハトがオリーブの葉をくわえて帰ってきました。それで、神の怒りはおさまり、平和と安らぎが訪れたことをノアは知りました。

つまり、オリーブの木があるということは、「平和」と「安らぎ」があるということです。ギリシャやイスラエルの国旗には、オリーブがはいってますし、国連の国花にもなっていますね。

平和と安らぎがある家庭は理想ですものね。

魔除けと長寿

ヨーロッパでは、オリーブを魔除けとしても使っています。悪魔や魔物などが家に入ってこれないように、オリーブの枝を玄関に飾る風習があるそうです。それに、美しい娘を悪魔がさらっていかないように、結婚式の花嫁のブーケにはオリーブを入れることもあります。

オリーブの木は長寿のものも多く、樹齢1000年と推定される木もあるそうです。比較的乾燥に強く、雨季の雨だけでも育つことができるので、寿命が長いのでしょう。オリーブの木のように、長生きしてほしいとの願いをこめて、プレゼントする場合もあるそうです。

夫婦間でのイザコザを防ぎ、お互いに健康で長生きするって、素晴らしいですよね。

夫婦の木と呼ばれている

オリーブには、オスの木、メスの木があって、一本では実が付きにくくので、接ぎ木栽培をします。この接ぎ木は、相性の良い木に、寄り添うように植えるのが定番だそうです。これを「夫婦」に見立てて、二人で寄り添い、力を合わせて生きていくことようにとの願いがあります。また、育った環境を離れ、新しい家庭を作っていくということでも似ていますので、「夫婦の木」と呼ばれているのです。

助け合いながら、新しい自分たちの家庭を作っていくのは、結婚の王道ですね。

sponsored link

オリーブ効果はいかに?

「平和」、「安らぎ」、「魔除け」、「長寿」それに夫婦になぞられた栽培法と、不倫癖を一掃してくれそうなものばかりですね。これだけのご利益があるのなら、田中さんも、すっかり邪な心は消えたのではないでしょうか?

また、この「接ぎ木」ですが、2本の木の特徴が混じり合って、新しいより良い味の実がなることもあるそうなので、お二人の赤ちゃん達にも、期待できそうですね。

ご自宅のオリーブの木は、田中さんが望んで購入したものだと聞きます。水をあげすぎたりせず、枯らさないように、是非、大事に育てて頂きたいものです。そして、これからのお子様とご一緒の家庭のお幸せを願っています。

 

 

Sponsored Link