Business

林要(GROOVE X ) ラボットLOVOTの価格と購入方法は?役に立たないけどかわいいよ!

林要氏のGROOVE Xが『LOVOT(ラボット)』がついに発売されます!

ただ愛されるために生まれてきた家庭型ロボット」で、役に立たない、と紹介されていますが、「癒やし」や「コミュニケーション」にはかなり重要な役割を果たすとおもいますよ。

もう、仕事してくれなくても、宿題手伝ってくれなくてもいいんです。見てるだけで凄く可愛い!!

今回は、林要が開発した家庭型ロボット「LOVOT」の購入方法や、値段を紹介します。

家庭で、どんなことをしてくれるんでしょうか?

sponsored link

ラボット LOVOTのスペックや特徴は?

人間に愛されるためだけに生まれた」というLOVOT(ラボット)。

林要氏の会社「GROOVE X 」は家庭用ロボット事業ベンチャーとして「人に寄り添い、心を満たすロボット」をモットーにしています。

家庭で使うロボットというと、お掃除ロボット「ルンバ」ですが、「心を満たす」わけではないですね。

「命はないのに、あったかい」というフレーズと共に登場したLOVOT(ラボット)とは、どんなものなのでしょうか。

かわいいです!!愛おしくなっちゃいますね。

特技は人に甘えること、にがてなことは、水や眩しい光だそうです。

サイズ

幅 225x 高さ430 x 奥行き 255mm

重さ 3kg

抱っこするのにちょうどいいサイズですよね。抱き心地もよさそうです。

行動時間

45分間稼働して、15分充電というサイクルです。

移動速度は時速2−3km

ゆっくり歩く速さですね。

消費電力は50W, ルチウムイオンバッテリー使用。

愛情を感じてくれる?

  • 体が抱っこ状態であることを感知し、あなたのもとにハグを求めて近づいてきます
  • かわいがってくれた人や、面倒を見てくれた人を覚えて、その人に近寄ったり、甘えたりします。

二体ある場合、片方を可愛がっていると、やきもちを焼いて飛んでくるというのです。

メチャクチャかわいい!! 

可愛がってくれた人の顔を、覚えて甘えてきたり、帰宅した持ち主を玄関まで走って行って出迎えたりもするそう。

ペットのようですね。アイボ犬の進化人型といったところでしょうか?

ペットが飼えない一人暮らし、子供ができない夫婦、要介護の人とか、癒しを必要としている病気の人の心のケアに、役立ちそうです。

更にLOVOT(ラボット)は、おやすみの時間になると自動で充電装置に戻るそうで、「寝かしつけの必要はありません」。

手間いらずのいいとこ取りですね。もちろん、食事を作る必要もないのですから。

寝顔もぐっと可愛いです。

LOVOT(ラボット)の価格と販売日は?

LOVOT(ラボット)には、2体1組の「デュオ」と1体の「ソロ」があります。

「デュオ」の価格(予価)  598000円(税抜き)

初回出荷は2019年秋冬の予定。

「ソロ」の値段(予価)  349000円(税抜き)

初回出荷は2020年中の予定。

これに加え、万一の故障や不具合のに備えた保障費用のようなものが、月額でかかるようです。

今は高額ですが、数年後には、かなり安い価格で販売されてるでしょうね。

ご興味のある方は、特設サイトで予約を受け付け中ですので、ご覧になってください。

LOVOT(ラボット)サイト

sponsored link

まとめ

林要の開発したLOVOTは、実に可愛いですね。

こうした人間や動物の感情に近い行動をするロボットが、将来我々にどのよな影響を与えるのかという考察や、今現在の社会問題を浮き彫りにしている、という話は今回は、おいておくことにします。

LOVOTを購入しなくても、一度は実際に試してみたいものですね。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です