Art

神田沙也加「美の巨人たち」ナレーターが下手で嫌い!起用された理由を調べた!

テレビ東京の美術番組「KIRIN ART GALLERY 美の巨人たちナレーターの女優、神田沙也加

10月から俳優・小林薫とともにナレーターを務めていますが、神田沙也加のナレーションが下手で嫌いというアンチコメントが半数以上あります。

今回は、「美の巨人」で、神田沙也加のナレーションが下手で嫌い、というアンチコメントの紹介と、どうして神田沙也加が起用されたのかを、調べてみました。

sponsored link

神田沙也加ナレーションのアンチコメント

せっかくの野十郎さんの番組だったのに神田さんのナレーションでガクッときました。 あんなアニメ声は雰囲気ぶち壊しでした。彼女が特に嫌いではありませんが、あまりにも そぐわないです。 誰が決めたんだろう?

なんで出す?ナビゲーターなんて不要。小林さんだけで十分なのに

神田沙也加はアニメの声優としては、評判がいいですけれど、ナレーターとしては、どうなのかな?というところでしょうね。

番組の内容にもよりますが、この「美の巨人」は芸術番組ですし、やはりどっしりした声のナレーションがマッチするという意見も多かったです。

しかし、半数は、神田沙也加になってよかった、というグッドコメントなんですね。

sponsored link

神田沙也加が起用された理由は?

神田沙也加はこのナレーターの起用を、結婚した夫の村田充とともに芸術の造詣を深めたいと話し、自分でも趣味を増やすような感覚で毎回学びながら、より良質なナレーションができるよう成長していきたいと、と意気込んで、大変喜んでいたようです。

海外の美術館にも何度か足を運んだことがあるということを、売りにしていますが、そんなことは一般人の大半の人がしていることで、美術に興味はあるんでしょうが、知識としては幼いと思えます。

起用された理由としては、声が聞き取りやすいし、アニメで成功しているし、舞台出身で評価も上がってきていて、松田聖子の娘だから、ということでしょう。

また前任者の蒼井優のナレーションが、好評ではなかったのも理由の一つです。

こうした芸術番組は、需要は中高年が多く、SNSなどであまり拡散されません。やはり、番組としては若者層にも多くの支持をもち評判をあげていきたいところでしょうから、神田沙也加を起用したのだと推測されます。

しかし、重みのある番組を期待している視聴者にとっては、あのアニメ声は悲しいものに感じるでしょう。

人生経験が浅いブームに乗った人に、国宝級の作品のナレーションをされても心に響かないし、むしろイラっとする気持ちもわかります。

しかし、TV番組は視聴率が一番です。人気があれば、番組は続けていけます。視聴者が何歳でも構わないし、こうした教育系の番組でも、在位年ながら、内容はあまり重視されません。

神田沙也加が「美の巨人たち」のナレーションを続けて、視聴者がぐっと若者層に変わるのも、近いことでしょうね。

Sponsored Link
Related Article

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です