エンタメ

新海誠監督の最新作「天気の子」の海外の反応は?主題歌はまたRADWIPS?

新海誠監督の新作『天気の子』であること、映画の公開日が2019年7月19日に決定したことが発表されました。

映画の内容は、お天気を操ることができる少女と家出少年のラヴ・ストーリーらしいです。

前作の「君の名は。」は海外でも大評判だっただけに、この新作も、かなり期待が寄せられています。

この「天気の子」の新作発表の海外の反応と、主題歌はまたRADWINPSになるかどうかを調査してみました。

sponsored link

「天気の子」海外の反応は?

こっちだと2020年に公開かしら?それまで待てないわね〜。

2020年より公開は遅れるかもしれないから、2019年に日本にいっちゃうかもな。

「君の名は。」の公開は2017年にアメリカとカナダで公開されたもんな。1年は遅れるよ〜。

僕の国だとスクリーン画面が悪くてさあ。日本の品質がほしいよ。

新海監督の作品ってホント、心にしみるのよね。

「君の名は。」の興行収益は凄かったんだから、今度の「天気の子」だって早く公開すれば、それだけ儲けられるのになあ。

映画紹介によってちょっとずつ内容が違ってるみたいだけど、新海監督の作品なら間違いなく、感動するわ。

海外での公開日は翻訳やライセンスの関係で、日本の公開日より1−2年遅れることがおおいですから、ファンは待ちきれないようです。

また日本人特有の感情の揺れ動きの表現を、世界中の人が理解して、同じように泣いたり、笑ったりするところが不思議ですよね。

アニメの技術や画像テクニックに加えて、ストーリーの内容の良さがすべての人にわかるところも、新海マジックというところですね。

sponsored link

「天気の子」の主題歌はまたRADWINPS?

君の名は。」でRADWINPSが主題歌 「前前前世」を歌って大ヒットしましたね。「前前前世」はなんとPV公開からわずか10日間で800万回再生を超え、現在では再生回数1億4000万回を超える大ヒット!

ストーリーとRADWIMPSの音楽がピッタリと合わさり、最高な映画になっていると大絶賛を受けました。
 
また、挿入曲としてRADWIMPSの「スパークル」も人気がすごくありますよね。
 
「君の名は。」の映画で流れる主題歌から挿入曲の音楽全ては、RADWIMPSが手がけたんです。
 
これだけのヒットをだしたのだから「天気の子」もRADWIMPSが担当するのではないかと、予想されますが、新海監督は、まだミュージシャンの名前を発表する時期ではないと言っています。
 
今年発売された「カタルシスト」の収録曲は軍歌のようだと批判を浴びていますし、もしRADWINPSが主題歌、挿入歌を歌うなら、きっと、「天気の子」用に別にすでに、創作してあるのかもしれませんね。
 
2019年の公開が実に楽しみです。
Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です