エンタメ

渡部陽一(戦場カメラマン)のハゲ画像!ベレー帽の下のM字ハゲの治療か?

戦場カメラマン、フリージャーナリストの渡部陽一

世界中の戦場を巡り、驚きの写真を公開して、戦争の怖さ悲惨さを私達に教えてくれていますね。

渡部陽一の特徴と入れば、あのゆ~っくりした話し方とベレー帽。

いつもベレー帽を被っていて、ハゲ疑惑が有りましたが、実際、ハゲていました

M字ハゲを隠すためのベレー帽だったんですね。

今回は、渡部陽一のハゲ画像とハゲの治療法を見ていきましょう。

sponsored link

渡部陽一のハゲ画像

「渡部陽一 ハゲ」の画像検索結果

ベレー帽を脱ぐとこんなかんじで、完全におでこが後退しているのが分かります。

前髪?を伸ばしてハゲをカバーしているのでしょうが、逆におでこを強調して悲しいです。

「渡部陽一 ハゲ」の画像検索結果

髪を全部後ろにもってくると、生え際の薄毛がめだちますね。

 

と視聴者の皆さんも驚嘆の声をあげていました。

渡部陽一のハゲはベレー帽のせい?

渡部陽一は、ハゲてるから、ベレー帽を被っているのか?ベレー帽を被っていたからハゲてしまったのか?どちらでしょうね?

帽子をかぶるとハゲてしまう理由

帽子を被ると、「頭皮の蒸れ」や「頭皮環境の悪化」が生じます。

長時間、帽子をかぶったままですと、帽子の中は蒸れ、皮脂が毛穴に雑菌が入り、繁殖しやすい環境になってしまいます。

ですから、帽子をかぶりっぱなしでは、ハゲ環境を作ってしまうんですね。時々は、帽子を脱いで、髪の毛や頭皮の蒸れを防ぐことが必要です。

そして、必ず丁寧に優しくシャンプーとトレートメントをし、十分に乾かすことも大事です。

しかし、帽子は紫外線や酸性雨などの有害物質を防ぐためには、被ったほうが良いアイテムです。

その時の天気や環境で、帽子を着用すれば、髪や頭皮を保護できます。

渡部陽一の場合は、戦場の劣悪な環境で、ベレー帽をかぶりっぱなしだったことが多くて、ハゲてしまったのではないでしょうか?

そして、ハゲてしまったので、今はハゲ隠しとしてベレー帽をいつも直要しているのだと思います。

渡部陽一のハゲ治療は?

 

「渡部陽一 ハゲ」の画像検索結果

以前、渡部陽一はテレビの番組で「メンズ・ヘルスクリニック東京」を訪れています。

現在このクリニックは薄毛やハゲ治療の他に、男性更年期や前立腺治療や男性ホルモンに関与する治療を行っています。

AGAの発毛治療では以下の料金で行われているようです。

初回
10,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影+血液検査含む)
2回目以降
15,000円~30,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影+1ヵ月分の処方薬含む)

 

ここは、3ヶ月ぐらいで効果がでると評判で、日本で一番人気のあるクリニックです。

無料診断もあるようなので、気になる方は問い合わせをしてもいいかもしてません。

メンズヘルスクリニック東京

sponsored link

まとめ

渡部陽一は、戦場カメラマンという悪環境で、ベレー帽をかぶり続け、ハゲてしまったのだと思われます。

そして、ハゲ隠しで、今はテレビ出演でもベレー帽を被っているのですね。

AGAの治療をしても、帽子をかぶり続けなければならない職業なら、すぐ良くなることはむずかしいかも、、、。

渡部陽一はもう46歳ですから、薄毛であったり、ハゲていてもそれほど世間は気にしないでしょうから、次回のテレビ出演のときは、ベレー帽なしで、視聴者の前に現れてほしいですね。

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です