音楽

紅白歌合戦(2018)キンプリ、なぜ初出場?理由は落選したTOKIOと交替?

2018年紅白歌合戦の出場者が決定しましたね。

今年デビューしたばかりのグループ「King & Prince」キンプリの初出場!

しかし、そう一方で紅白出場連続24回のTOKIOは落選、、。

メンバーが欠けてしまったグループとしては、同じであるのに、何故でしょうか?

キンプリが初出場し、TOKIOが落選した理由を探ってみました。

sponsored link

「キンプリ」初出場 喜びの声

「キンプリ」の画像検索結果

平野は「年末でみなさんに恩返しできるパフォーマンスができれば」と全力を約束。

決定の報せについて永瀬は「きのう、ジャニーさんからけいこ場に呼び出されて『ユーたち、来てきて、誰にも内緒だから。ユーたち紅白だから!』って、どこかに去っていきました」とものまね付きで再現して笑いを誘った。 

出典:オリコンニュース

岸優太(23)は「(岩橋について)今回は5人、本人にも連絡して、悔しい思いがある、彼の思いも背負ってなので、強い思いはあります。玄樹くんには見ていててって言いました。(岩橋も)絶対見ているからと言われました」

出典:スポニチ

メンバーたちは、すごく嬉しそうで、やる気満々で、いいですね〜。

TOKIO落選 残念の声

「TOKIO」の画像検索結果

がっくりしているファンの人達も大勢いるようです。

なにせ、紅白連続出場は最多の24回ですから、SMAPの23回を抜いているんですよね。TOKIOの大ファンでなくても、残念に思う人達が沢山いるのも分かります。

キンプリの初出場の理由は、TOKIOと交替?

キンプリもTOKIOも今年、メンバーが欠けていますよね。どうして、キンプリが出場、TOKIOは落選なんでしょうか?

キンプリは元々6人グループでしたが、今月初旬からパニック障害の治療専念のため、活動休止中の岩橋玄樹を除く5人で出場。

TOKIOは、山口達也メンバーの不祥事があり、5月に山口メンバーがジャニーズを退所。グループは4人で活動を継続していました。

メンバーが欠けていると言っても、理由が違うことにあるんですね。しかし、山口達也は、すでにTOKIOのメンバーではないのですから、この1メンバーのために、TOKIOをジャッジするのは理不尽だという声も上がっています。

両グループも今年の音楽活動は、TOKIOは山口達也がメンバーから脱退してからは、行っていません。

キンプリは今年からデビューということもありますが、デビュー曲「シンデレラガール」はデビューシングルの初週売上50万枚超えとなる57.7万枚を記録。そして2枚目のシングル「Memorial」初週売上44.3万枚を突破し、2作連続1位を獲得するなど華々しい記録を残しているんですね。

こうしてみてみると、 NHKはTOKIOの落選は決定していて、その代りに、背景の似た人気と実績のある若手アイドルグループを探していたのかもしれません。

sponsored link

NHKの選考理由は?

渋谷義人チーフ・プロデューサーの会見では、起用理由や企画の概要について質問が相次いだが「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出の3点で選考した」と繰り返し、ほぼ“無回答”の内容で取材陣を困惑させた。

出典:日刊スポーツ

TOKIOの落選についても、「個別に何かあったわけではない」と対応していました。

ちょっと選考理由が弱い気がしますね。この3点を重視していたならば、紅白出場になっていたミュージシャンは他にもいるはずです。

今年の紅白歌合戦出場者選出は、キンプリが初出場という喜ばしいこともありますが、TOKIO落選という残念でもあることも起きました。

サプライズ応援でTOKIOが出場するなんてことがあるかもしれません?大晦日の夜を楽しみにしています。

キンプリと同じく初紅白出場のDAOKOってしってますか?米津玄師とのコラボで大ヒットを飛ばした21歳のラッパーミュージシャンなんです。経歴やヒット曲を知りたい方は、コチラもどうぞ!

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です