ビジネス

渡辺雅司(船橋屋)の出身高校、大学は?経歴や年収、和菓子の売上を調べてみた!

老舗和菓子店「船橋屋」の8代目、渡辺雅司社長

渡辺雅司社長は元銀行マンでしたが、現在、「船橋屋」の社長として、関東圏を中心に29店舗もお店を構え、和菓子店として大変有名です。

葛餅といったら「船橋屋」ですよね。子供の頃から慣れ親しんでいます。

今回は、「船橋屋」8代目社長、渡辺雅司の出身高校、大学、経歴、「船橋屋」の売上、そして気になる年収について調べてみました。

sponsored link

渡辺雅司のプロフィール

「渡辺雅司」の画像検索結果

名前:  渡辺雅司(わたなべまさし)

生年月日:1964年2月16日

年齢: 54歳

出身:  東京都

職業:  船橋屋 8代目社長

趣味:健康オタク

実は、渡辺氏は健康オタクなんです。

血管年齢は27歳で、糖化年齢は36歳

渡辺氏のモットーは、「加齢はしても、老化はしない」だそうです。

細マッチョな体型とハリのある肌。「23歳の娘と歩くと、彼氏に間違われることもある」そうです。

イケてるおじさまですね。たしかに54歳には見えません。

渡辺雅司の出身高校

立教新座高等学校です。

セントポールだったんですね。偏差値はなんと72

中高一貫で立教大学にも進学できるお坊ちゃまエリート学校です。そして、校風もかなり自由。

ここの学生は優秀なだけじゃなく、すごーくおしゃれ。

近くに慶応の高校もあるんですが、断然、立教の高校生のほうが垢抜けてるんですね。

部活はテニス部に所属をしていましたが、先輩に対する上下関係、連帯責任で道理に合っていないことを感じ、1年で退部したそうです。

立校でテニス部なんて、王子様まるだしですが、渡辺氏は、高校時代から、枠組みにはめられるのが嫌で、自由に生きるのを選択しているのですね。

渡辺雅司の大学は?

立教大学経済学部

やっぱり上の学校に進学したんですね。

大学時代はアルバイトにも精を出し、百貨店の配送の仕事をしていました。

そのころから、ビジネスには貪欲で、配送前日からどのルートで回れば効率がよくて数多く配送できるか?ということを常に考えていたそうです。

アルバイトなのにそんな事考える学生ってあんまりいませんよね。

勉強よりも、ビジネスに強い興味があったんですね。

渡辺雅司の経歴は?

「渡辺雅司」の画像検索結果

渡辺雅司は、大学卒業後の、1986年に旧三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入社。

世界一の銀行、三菱UFJですよ。新卒から頭が下がります。

そこで、企業融資や債券トレーダーなどの業務を経て退職し、1993年に船橋屋に入社

2008年、8代目として代表取締役に就任しました。

渡辺氏が44歳のときです。老舗和菓子屋の若き社長ということで、当時は業界で話題になりましたね。

大学卒業時は、家業を引き継ぐ気はなく、大学を出て銀行に就職しておられますが、祖父の苦労を聞いた渡辺雅司さんは継ぐ決意をされたそうです。

苦労があるということは、やりがいもあるということですから、渡辺氏は困難な環境に燃えるタイプですね。

渡辺氏が社長就任したときは、昔ながらの伝統とよい文化は残しつつも、現代への適応ができていないところがありました。

それで、抜本的な改革を行いながらも、歴史を引き継ぐという方向に変えたとのこと。

その結果、新卒採用のエントリー数は、16,000人をも超えるほど、若い人達からも注目される企業となったのです。

売上げと渡辺雅司の年収は?

株式会社船橋屋は従業員200名で、売上高は2017年3月実績で16億の売上げです。

2018年3月、来年2019年3月の決算期の数字は、確実に16億円を上回っているはずです。

社長の場合は、一般従業員と違い、役員報酬となるので、前年度の売上高や利益額で給与を決定する傾向にあります。

しかし、役員以上になると、売り上げにはあまり響くことなく、年収が上がる会社もありますし、株や資産もあります。

現在の船橋屋は赤字経営ではなく、健全経営が続いているそうなので、社長の年収は6000万円ぐらいではないでしょうか?

sponsored link

まとめ

「渡辺雅司」の画像検索結果渡辺雅司は、お坊ちゃんエリート校のナイス・ガイであったのもかかわらす、ビジネスに貪欲に取り組む方でしたね。

「船橋屋」は能力を重視した経営方針ですから、必ず子供が後を継ぐということはないのに、実力で社長になった方でした。

これからも、伝統ある美味しい和菓子を沢山作って、私達を楽しませてください。

やり手社長、渡辺雅司ですが、家族はどんな方なんでしょう?嫁、子供、家族のことを知りたい方は、こちらもどうぞ

Sponsored Link