アート

池田佳人(建築家)のプロフィール!スキップフロアが美しい!経歴、受賞建築作品、依頼の値段は?【ビフォーアフター】

 

建築家 池田佳人氏が、テレビ朝日の「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出演。

池田氏は「スキップフロア」建築で好評な方です。

今回は、建築家 池田佳人氏のプロフィール、経歴、スキップフロア、受賞建築作品、そして依頼の値段を調べてみました。

sponsored link

池田佳人のプロフィール

名前:池田 佳人(いけだ よしひと)

生年月日:1969年3月4日

年齢:49歳

出身地:埼玉県久喜市

出身高校:埼玉県立桶川高校

出身大学:東京理科大学工学部第二部建築学科、神戸芸術工科大学大学院修士課程

 職業:一級建築士 ワイズデザイン一級建築士事務所

得意分野:住宅全般、併用住宅、コンバージョン

趣味:犬の散歩、アクアリウム、スキー、スポーツジム

結婚歴:既婚、娘2人

大学院までいかれたのですね。

神戸芸術工科大学大学院では、デザインについての研究を行っていたようです。

既婚で、奥様は同じく一級建築士。「ワイズデザイン」を池田氏と一緒に経営しています。

娘さん2人はまだ小学生のようです。晩婚だったのでしょうか?

池田氏の趣味は運動系でアクティブのようですね。

毎日運動をして体を鍛えているようです。

池田佳人の経歴

「池田佳人」の画像検索結果

池田佳人氏は、大学院を卒業後、1996年から、建築武者修行の旅に3年間でました。

具体的に国内か海外かはわかりませんでしたが、色々な建築家や現場を訪れて勉強して、実践力をつけたのでしょうね。

その後、2000年には、「ワイズデザイン一級建築士事務所」を設立。

すぐに独立して、自分の事務所をもつなんて、起業家とし実行力のあるやり手ですね。

池田佳人の経歴

2005年 第31回東京建築賞 優秀賞 「伊奈の家

埼玉県の郊外にある家族4人のための個人宅です。

凹型の平屋で、採光と通風が確保された家で、床暖房と竹のフローリングで耐久性は抜群。可動の収納スペースなので、部屋の広さも調節できます。

玄関前の竹林はいいですね。池田氏の自然と建築の融合というコンセプトが、たっぷり織り込まれています。

2008年 カナダツガ大賞 「Paper Box Museum」

カナダツガ協会主催の設計コンテストで大賞を受賞。

木造の空間の美しさにうっとりします。この中庭のとり方が絶妙ですよね。

池田佳人のスキップフロア

スキップフロアとは、建築物において、その床面の一部に高さを変えた部分を持たせた構成のことで、小上がりとも呼称されます。

池田氏の美しい実用性のあるスキップフロアを紹介します。

二階のスペースを張り出すことで、玄関への雨よけにもなっています。

階段の角度を変え、周りを覆わないことで空間の広さがでますね。

天井に明かり窓を入れて、格差を出すことで、奥行きの広がりが感じられます。

外観も中の部屋も素敵で、落ちついて暮らせそうな家ですね。

池田佳人 設計依頼の値段

新築物件の場合、10万円/坪。
最低設計料 250万円。

世界にただ一つのオーダーメイドですから、安いぐらいかも知れません。

池田氏はコストを明確にする建築士ですから、希望によって詳細金額を見積もってくれます。

興味のある方は、「ワイズデザイン」へコンタクトしてみてはいかがでしょうか?

ワイズデザイン一級建築士事務所

住所:〒164-0012 東京都中野区本町2-1-8 YS Garden #604
TEL:03-6300-5273
FAX:03-6300-5274
MAIL:info@ys-d.jp

sponsored link

まとめ

「池田佳人」の画像検索結果池田佳人氏の建築設計した建物はどれも素敵なものばかりでしたね。

池田氏の祖父の代までは、左官職人で、子供の頃からのこぎりをもって、自作していたので、ものづくりが大好きだそうです。

自分の好みの家に住むのは、理想であり、住めば、人生がどんどん変わっていきます。ときめくものの空間で暮らすことの大事さを、池田氏は教えてくれたような気がしています。

Sponsored Link