ビジネス

右田孝宣(鯖や)プロフィールのまとめ!経歴や鯖専門店SABARを創り上げた理由は?

サバ料理の専門店「SABAR」の代表取締役、右田孝宣氏。

9月10日、テレビ東京の「カンブリア宮殿」に出演します。

右田氏はこの「カンブリア宮殿」に出演するのが夢だったようです。おめでとうございます!

 

今回は「サバーマン」とも自称する右田孝宣氏プロフィール、経歴SABARを創り上げた理由を調べてみました。

sponsored link

右田孝宣氏プロフィール

名前:右田孝宣(みぎたたかのぶ)

生年月日:1974年 (44歳)

出身地:大阪府大阪市

出身高校: 大阪市立淀商業高校

結婚歴:既婚、子供二人

右田氏は高校は留年したそうです。しかし、同級生の卒業を涙で見送りながら、自分も翌年卒業しました。

留年すると退学して、他の高校に移るパターンが多いですけど、きちんと同じ学校を卒業して、メンタルが強いですね。

ちなみに、奥さんラブです。それもそのはず、奥様は3年間も右田氏を待って結婚しましたが、ビジネスでうまく言ってない時も励まし、看護師の仕事を辞めて、居酒屋を手伝ったそうです!そして奥様のサバ一本でいこうというアイディアで大成功!公私共に、素晴らしいパートナーですね。

右田孝宣氏の経歴

右田氏は、高校卒業後、鮮魚店に勤めます。

その後、1997年、ワーキングホリデーで、オーストラリアに渡り、回転寿司店に就職。仕事はセントラルキッチンで切られた切り身をシャリにのせるだけの作業だったので、「なんか違う感」があったそうです。

しかし、そこのフランチャイザーの社長に「日本で魚を捌いていたので工場で雇ってくれないか」と直談判したのが成功!チャレンジ精神は大事ですね。

物件調査、交渉、商品開発、養殖場運営と2年くらい学び、26歳の時にメルボルン支店の社長として、年収一千万円とパーマネントビザも保証されたそうです。

外国で会社がパーマネントビザをだしてくれるって、めったに無いんですよ。ですから、右田氏はそれだけ優秀で期待されていたわけです。

しかし!右田氏は「日本でやり残した事がある」と、こんなに好条件を辞退しました。

2000年、帰国して、海外で培ったビジネス力を活かして起業。FAXを売っていたそうですが、うまくいかず、外資などの営業マンをしていたそうです。しかし、この仕事も成果は上がりませんでした。

2004年、居酒屋「笑とり」オープン。自宅近くの空き家を借りて始めたそうですが、「サバ寿司」のメニューが大人気をよびました。

2007年、メニューのサバ寿司の販売に乗り出し、「鯖や」を設立

しかし、利益がです2013年2月に経営危機。そこで、クラウドファンディングで資金を調達し、2014年、とろさば料理専門店「SABAR」を開業しました。

3月8日を「鯖の日」に制定し、「お疲れ鯖」とねぎらいの言葉をかけ、鯖を食べる日となりました。このダジャレには、ちょっと苦笑いかな。でも日本人はこの手のギャグは好きですよね。

現在では、サバ博士としてサバの普及や食育にも取り組んでいます。

店舗は、日本では14店、シンガポールに1店で、2021年迄に83(38の反対、逆サバ)店舗一気に展開する計画だそうです。

右田氏の経歴は、怒涛のようですが、常にジョークを忘れずに、楽しくやってますね。やはり、自分のビジネスは楽しくないと継続できないという、証拠を見せてくれています。

鯖専門店SABARを創り上げた理由は?

「鯖専門店 SABAR」の画像検索結果

右田氏は始めは魚嫌いだったそうです!

高校卒業後、スーパーの生鮮食品で働き始めたのも、友だちから、人が足りないから手伝ってほしい、と頼まれたそうです。

しかし、右田氏は大の魚嫌いで食べたこともないから務まらないと、一度は断りました。しかし、ある日、割烹料理屋に配達に行くと、大将が「賄いを食べていけ!」と言われ、食べたカレイの煮付けが、衝撃的に美味しかったそうです。それ以来、魚に対しての興味が非常にわくようになったとのこと。

大嫌いなものが、あるきっかけで、すごく好きになってしまうことって、時々おこりますよね。右田さんの場合は、これが引き金になって、今のビジネスになっているのですから、運命的なシンクロといえるでしょう。

「鯖専門店」を立ち上げる際が、奥様が、「あんたが作る料理で美味しいのは鯖だけや。鯖一本でやってみたら」とおっしゃり、さば寿司をとても褒めてくれるので、その気になったそうです。

パートナーの助言は強い大きな力をもちますね!

また右田氏のモットーで、「どうせやるなら楽しくやろう!面白くなかったら辞めよう!」という遊び心も満載でスタートさせたそうです。

心の余裕を持ってビジネスを始めたことが、拡大につながったのですね。素晴らしい成功マインドです。

sponsored link

右田孝宣氏のまとめ

「右田孝宣」の画像検索結果右田孝宣氏が「SABAR」を創立するまでには、多くの経験、チャレンジや失敗があったのですね。始めは、魚ぐらいだったという秘話には驚きました。どんな失敗にも負けず、不屈の精神で、前向きに楽しさを忘れすに、ビジネスに挑んでいる姿は、見習いたいところです。

これから鯖専門店が、どのような展開を見せてくれるか、非常に楽しみなところです。

右田孝宣の「SABAR」はどんなお店かメニューや評判を知りたかたは、コチラもどうぞ

Sponsored Link