エンタメ

映画『峠 最後のサムライ』司馬遼太郎原作に大物俳優が集結!出演者は誰? 

2020年公開予定の映画「峠 最後のサムライ」に大物俳優ばかりが出演するそうです。

この映画、原作は、司馬遼太郎が、“幕末の風雲児”こと越後長岡藩家老・河井継之助を描いた『』で、監督・脚本に、黒澤明監督の系譜を継ぐ小泉堯史

激動の幕末を描いた映画ですが、出演者は大物俳優ばかりということ。

この映画の出演者を調べてみました。

sponsored link

役所広司

主演は役所広司さんです。一介の武士から越後長岡藩の筆頭家老に抜擢され、戊辰戦争時に最後まで官軍を苦しめ、信念をもって激動の幕末を生きた“最後のサムライ”河井継之助を演じます。

松たか子

その継之助をいかなる時も信じ、支え続けた妻おすがには、松たか子さん。

やはり時代劇の主演女優は、松たか子さんですよね。松さんは「役所さんの足を引っ張らぬように、先輩方から学べることに感謝しながらつとめさせていただきます」と、すでに大和撫子としてのコメントをしています。

仲代達矢

継之助を重用した前藩主・牧野忠恭(雪堂)役。

こういった重厚な時代劇には、仲代達矢さんは、大きな存在ですね。

この映画の監督・脚本は、黒澤明監督の系譜を継ぐ小泉堯史さんですし、数々の黒沢作品に主演している仲代達矢さんふぁ、当然の起用でしょう。

香川京子

継之助の母・お貞の役。

香川京子さんは87歳にはみえないお若さで、1950年から芸能活動を精力的にしています。最近ではドラマの「この世界の片隅で」にも出演なさっていますね。

田中泯

継之助の父・代右衛門の役。

ダンサー・舞踏家としても有名で、オペラのも出演なさってます。映画「アウトサイダー」でも素敵でしたね。

香川京子さんと夫婦役は初めてなのではないでしょうか?

佐々木蔵之介

継之助の良き相談相手、友人の小山良運 役。

佐々木さんは舞台や大河ドラマでお馴染みですね。スーパー歌舞伎にも異例の出演をしていますし、役所さんとの駆け引きが楽しみです。

東出昌大

徳川家最後の将軍となった徳川慶喜の役。

徳川慶喜の役に顔立ちがぴったりですね。でもちょっと身長が高すぎるのでは?映像マジックの見せ所ですね。

吉岡秀隆

敵対する官軍の岩村精一郎の役。

吉岡さんは、子役の時から「大江戸捜査網」にも出演しているで、ドラマ 「北の家族」でお馴染みですね。最近では金田一耕助にもなりました。今回は久しぶりの時代劇ですから、どんな演技をみせてくれるでしょうか?

sponsored link

まとめ

「峠 最後のサムライ」の撮影は9月中旬から約3ヵ月間、継之助の故郷・長岡市をはじめ新潟県を中心に、茨城や京都で行なわれます。

約5000人のエキストラで再現される壮烈な合戦シーンもあるそうで、大きな見どころとなりそうですね。

この豪華名俳優陣を従え、監督 小泉堯史さんは、キャリア初となる本格的な合戦アクションに挑みます。

2020年公開が待ち遠しいですね!

Sponsored Link