エンタメ

花田優一は靴職人として実力はないの?靴の値段やお店の評判はどう?

花田優一さんは、父親が元65代横綱「貴乃花」、母親が元フジテレビアナウンサーの河野恵子さんという、サラブレッドの出生です。

花田さんは、長男ですから、相撲界入るとおもいきや、靴職人になってしまいました。

有名人の親をもつ2世というのは、とかく周りが持ち上げ気味ですが、実際のところ、花田さんの靴職人としての腕前はどうなんでしょうか?

実力はない、という噂は本当なのでしょうか?

また花田さんが実際に作られている靴の値段お店の評判を調べてみました。

sponsored link

花田優一は靴職人として実力がないの?

花田優一さんは中学を卒業すると、語学留学としてアメリカに渡ります。

その後イタリアのフィレンツエに移り靴職人を目指し修行をしました。

靴はやっぱり本場イタリア物がいいですよね。あの皮の肌触りが全然違うし、既成品でも、履き心地は満点です。

花田さんは子供の頃から、靴職人には興味があり、小学校1年制の時、家族でイタリア旅行へ行って、工房で働く職人さんたちに魅了されたとか。

フィレンツェでは3年間修行して、日本に戻り靴職人として活動を始めました。

たった3年の修業で、すぐにお店をオープンしてしまうなら、やっかみ半分で、実力がない、と言われるのは仕方ないですね。

それに、花田さんは芸能活動もしていて、テレビのもちょくちょく出ていますから、本業に力を入れていないとも思われるでしょう。

「職人」というと「その道一筋」という固定観念があり、「二足のわらじ」なんて、言語道断!という風潮もありますからね。

花田さんの所属している事務所 “Megu Entertainment“からは、「靴職人として世界的な展開を本人が目指しており、当初としてはそのバックアップをいたします」と、ちょっと、言い訳的なコメントが入っています。

それに、最近、超人気番組の「クレージージャーニー」で、靴職人が紹介されましたが、花田さんじゃなかったですね。

この方は、イギリスで靴職人の技を学んだ山口千尋さんという方ですが、花田さんがクレージージャーニーに、選ばれなかったのは、やはり実力の差でしょうか?

靴の値段は?

花田さんの作る靴の値段は15万円からです。

製作期間は、半年から一年。この間に、採寸、デザイン、皮の仕入れ、仮縫い、縫製、仕上げをします。これを花田さんひとりでするみたいですね。

オーダーメイドですから、時間や値段はこれぐらいでしょう。

ツートンの履きやすそうなブーツですね。花田さんの靴はダサい、とかも噂されていますが、配色のいいし、なかなかセンスがいいと思いますよ。

お店の評判はどう?

花田さんは、工房を都内にもっているということで、お店はだしていないようです。

ブランド名は「アンジュロ ピコ」で、イタリアの師匠から名付けたそうです。

これは、花田さんご自身で描かれたブランドイメージ。

うーん、ちょっとこれは恥ずかしいかな、、、。高級感をだすために、もう少し、洗練されたものが良かったですね。

実際に花田さんに、靴をオーダーしたいときは、花田さんの公式インスタに、コンタクトするのが一番早い方法だそうです。

現在、一年間は予約で一杯ということですから、なかなかの評判で繁盛しているのだと思います。

sponsored link

まとめ

これらのことから見てみると、花田優一さんが靴職人としての実力がない?という判断は、まだ早いでしょう。

実力というより経験が浅い、ということですね。

オーダーはどんどん来ていて、盛況のようだし、これからの活躍で実力が決まっていくのだと思います。

花田優一さんが、この先、顧客に愛されて、満足のいく靴を制作していくのを期待してます。

花田優一のデート相手、謎の美女が知りたい方はこちらへ

Sponsored Link